• TOP
  • 芸能
  • アメリカ進出の小栗旬 成功のカギは日本人らしさよりも個性

芸能

2019.09.03 16:00  NEWSポストセブン

アメリカ進出の小栗旬 成功のカギは日本人らしさよりも個性

会場を後にするリーダー・小栗旬

一家でアメリカに移住していることがわかった小栗旬(写真は渡米前の7月下旬)

 俳優の小栗旬(36)が、本格的なハリウッド進出を目指して、妻である山田優(35)と2人の子供とともに、生活の拠点をアメリカに移していたことが明らかになった。

 以前からハリウッド進出の夢を抱いていたという小栗。ここ最近は、来年公開予定の映画『ゴジラvsコング(原題Godzilla vs. Kong、邦題未定)』の撮影のために何度か渡米していたというが、ついに本格進出を目指して移住を決断したとのことだ。

 世界を舞台に羽ばたこうとする小栗に対し、ネット上では、

「夢を現実にするために挑戦する。すばらしいことですね」
「まだまだ世界で活躍している日本人俳優は少ない。ここで一つ風穴を開けてくれると良い」

 など、応援や期待の声がある一方で、

「ネイティブ並みに英語が話せないとハリウッドは厳しいと思う」
「日本人は何回かはハリウッドで有名にはなるんだけど長くは続かないんだよね」

 と、成功しないのではないかと、悲観的な意見も多かった。

 日本の芸能界からハリウッド進出を果たした俳優といえば、渡辺謙(59)や真田広之(58)が成功例と言えるだろう。渡辺はハリウッド映画やブロードウェイのミュージカル『王様と私』に出演、真田もハリウッド映画やアメリカ制作のテレビドラマなどに出演している。2人のアメリカでの活躍について、エンタメ業界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう説明する。

「継続して多くの作品に出演しているという点では、渡辺さんも真田さんも間違いなく成功例といえます。ただ、2人が演じている役については、“日本人役”が多い。つまり、日本人が登場する作品でないとなかなか出演機会が訪れないということです。日本人役が多い理由としては、やはり英語力の問題もあるかもしれないし、演技のテイストに“日本人らしさ”みたいなものが強く出ているのかもしれない。あるいは、ハリウッドの制作サイドが、あまりにも“日本人らしさ”を求めすぎているという側面もあるでしょう。そういった点で、出演作が限られているという現実はあると思います」

 昨今のハリウッド作品では、社会における多様性を反映するべく、いろいろな人種の俳優を起用するケースが増えている。当然、アジア系の俳優が出演する機会も増えており、日本人俳優にとってのチャンスも増えているはずだが…。

関連記事

トピックス