• TOP
  • 国内
  • 息子の大学進学を叶えるために40代の父は特殊詐欺に加わった

国内

2019.10.15 16:00  NEWSポストセブン

息子の大学進学を叶えるために40代の父は特殊詐欺に加わった

府中刑務所門(時事通信フォト)

府中刑務所門(時事通信フォト)

 かつて特殊詐欺に加わる人は、もともと不良グループメンバーだったとか、半グレと呼ばれる集団に所属するような若者が中心だった。ところが数年前から、生活苦に悩まされる普通の人たちが、特殊詐欺の構成員になり、逮捕されることが増えてきた。成人した子供もいる40代男性がなぜ、特殊詐欺に関わり逮捕、刑務所生活を送ることになったのか。ライターの森鷹久氏がレポートする。

* * *
「詐欺だってわかってました、でもやるしかない。生きるためです」

 2014年に特殊詐欺の受け子をして逮捕され、春に晴れて出所し「シャバに出てきた」という無職・秋本俊二さん(仮名・40代)。現在は、厚労省が実施する求職者支援制度を利用し、月に10万円の給付金を得ながら、プログラミングを学ぶ為のスクールに通う日々。東京都下の自宅は今時珍しいトイレ共同の古い木造アパートで、家族は収監中に去った。連絡先もわからず、名実ともに「独り身」だ。

「自動車工場の期間工をやっていた時に誘われたのが受け子でした。金を受け取りに行くだけの仕事、と言われて疑わないはずがない。しかし、息子が大学進学を望んでいたし、期間工の給与だけではとても間に合わない。自身の小遣い稼ぎにもなるかもしれないと思い、安易にやってしまった」(秋本さん)

 秋本さんの妻は、結婚から15年ほど経った時に難病に侵された。それまで、映像制作会社で働いていた秋本さんは、病院への付き添いや看病のために仕事を辞め、妻に付きっ切りで寄り添ったが、そんな最愛の妻も、2010年にこの世を去る。

「仕事はない、でも子供は育てなきゃいけない、妻を亡くしたショックもある。工員をやってなんとか生活していましたが、もうどうにもならないと思いました。いっそ、保険に入って死のうか、その方が子供に金を残せると」(秋本さん)

 そんな時、秋本さんに悪魔の囁きをしてきたのが、期間工時代の同僚だった。

「元暴力団組員だと言っていましたが、本当のところはわかりません。年齢も近く、なんでも話せる仲でした。自分もやっているからと言われ、犯罪でもなんでもいいと、自身を押し殺してやりました」(秋本さん)

関連記事

トピックス