ライフ

病を乗り越えて死生観が変わった毒蝮三太夫氏ら有名人

毒舌でおなじみの毒蝮も大病を患った

 日本は有数の長寿国だが、高齢になれば病に侵される確率も高くなる。2018年2月から50回にわたって続いた『週刊ポスト』のグラビア連載「寿影」に登場した著名人の中にも、病の発症で死と直面した人も少なくない。「寿影」とは、写真家・渡辺達生氏が、晩年にこれまでの人生を祝う意味を込め、葬儀で使用する「遺影」を「寿影」と置き換えて始まったプロジェクト。撮影ではカメラの前で、思い出の品とともに「理想の死に方」についても語ってもらっていた。

 毒舌トークでお馴染みの毒蝮三太夫氏(83)は、70歳のとき腸閉塞と大腸がんを併発。夜中、耐えられない痛さで病院に行くと、その病院では、“手に負えない、手遅れだ”と言われ、別の病院に緊急搬送。7~8時間の大手術で、41日間入院した。

「俺、30センチくらい割腹したの。幸い転移はなく、今は以前にも増して元気だけど、健康診断を欠かさないなど、体のケアは大事だと悟ったね」

 今は定期的に病院にも通い、医療費や人の世話にならない人生を歩むため、ジムで足腰を鍛えている。

「一度拾った命、格好いいジジイになろうと思っているよ。目指せ、日本のジョージ・クルーニーだな(笑い)」

 死に方は自然な老衰を望む。

「いろんなところが傷んできて、苦しまずに電気が切れるようにポッと消えるのが理想。歳を考えれば確実に死は近づいているわけだから、明日ぽっくりでも不思議はないと思っているよ」

ギターを手に微笑む小坂忠

 2年前、同じく大腸がんが発覚したシンガーの小坂忠氏(71)は、ステージ4の診断から除去手術を経て、奇跡的な復活を遂げた。

「がんは肺に転移して残っている。医者が言うには、僕がネガティブになるとがんが強くなると。だから負けられない。毎日が戦いなんだ。でもね、僕は病気になってよかったと思うことがある。それは人生の終わりを意識することができたこと。今後どう生きるか、じっくり考えるきっかけになったからね」

 結論は、生涯シンガー。牧師である小坂氏はゴスペルシンガーとしても活動するが、歌で人々を励ますことを自身に課したのだ。

「僕の終活はリハビリを兼ねて、命の限り歌うこと。元気に歌う姿が、同じ病気の人たちの励みにもなっているようで、そんな人たちの希望になれたらうれしい」

 今も精力的にライブ活動を行なうが、病気の体験を笑い交じりでトークするなどポジティブそのもの。そして、葬式に歌ってほしいという自作の曲も披露する。

「その日が来たら、みんなで歌って賑やかに送ってほしい」

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン