• TOP
  • ビジネス
  • あかひげ薬局イメージガール 社長が語る“選ぶ基準”

ビジネス

2019.12.01 16:00  週刊ポスト

あかひげ薬局イメージガール 社長が語る“選ぶ基準”

あかひげ薬局名古屋店は名古屋駅徒歩3分

 最初の子から広告効果はすごかったですね。女の子を起用した広告を出して間もなく、『広告批評』という雑誌で取り上げられたんですよ。当時、化粧品メーカーが水着の女性を起用した広告を出していて、そちらには「媚びへつらっていていかがなものか」と厳しかった一方で、あかひげ薬局の広告は「男性に精力剤を売るための水着女性であって、当を得ている。ストレートで非常に良い」と。それもあって話題になりました。

 ちょうど平成になる頃、東京に進出し大塚店を開店しました。これは雑誌、それも全国誌に広告を出稿したかったからなんです。週刊誌は半分が首都圏で売れているのに、話題になっても東京に店舗がなければ売り上げにつながらず意味がない。だから東京に出店したのは広告を出すための態勢作りだったんです。僕はテレビでは、最初は大阪のサンテレビに出演したのですが、それもオファーを受けてから大阪駅前店を出店し、態勢が整ってから出演することにしたのです。

 よくイメージガールを「個人的な好みで選んでいるのか」と聞かれるんですが、やっぱり魅力を感じる子がいいので、オスとして「いいな」という感覚も基準のひとつです。だけど、自分の好みよりも世間でウケないとだめだというのはわかっているので、そこははっきり分別はつけています。『この子と合体したい』と『イメージガールにしたい』は別ですよ(笑い)。

 イメージガールは今も常に募集しています。できればオスが蟻のように寄ってくる子がいいですね。やる気のある方はぜひ応募していただきたいです。あかひげ薬局をキャリアの踏み台にして芸能界でのし上がろうって子も大歓迎です。

【あかひげ薬局イメージガール大募集】
 あかひげ薬局では、販売促進のため女性の魅力を発揮できるイメージガールを募集しています。条件は20歳以上の女性で、契約料は30万円。応募方法はあかひげ薬局HPをご覧ください。(https://www.akahige.co.jp/media/model.html)

【プロフィール】うちはら・しげき/1950年生まれ、和歌山県出身。製薬会社で各地の支店長を歴任した後、独立。1987年に愛知県名古屋市に精力剤の専門店、あかひげ薬局を創設。テレビなど各メディアへの出演のほか、YouTube「あかひげチャンネル」も開設

取材・構成■大木信景(HEW)

※週刊ポスト2019年12月6日号

関連記事

トピックス