• TOP
  • 国内
  • 薬物元売人「芸能人はカネ持ってて勘違いしてる良い客だ」

国内

2019.12.06 16:00  女性セブン

薬物元売人「芸能人はカネ持ってて勘違いしてる良い客だ」

薬物売人のいいカモにされてしまう芸能人

 大音量のハウスミュージックと、ミラーボールが放つ光の筋が降り注ぐダンスフロアで、大勢の男女が大波のように揺れている。その脇のらせん階段を上がると、屈強なセキュリティー(警備員)が行く手を塞いでいた。その先にあるのは、クラブ関係者やイベント主催者など、特別な人しか入ることが許されないVIPフロアである。

 芸能人は“顔パス”だ。セキュリティーも心得たもので、彼らに身分証を要求するなどして、気分を害されたら大事になる。

 VIPフロアには黒い革張りのソファが並び、吹き抜けとなっていて下のダンスフロアで踊る“一般人”を見下ろすことができる。まさしく、選ばれたメンバーだけの特別な空間。目の前で直径2mはあろうかという巨大なミラーボールが不規則に回り続ける。

 フロアに入るとすでに飲み始めている友人が自分に気づき、嬌声をあげた。

 吹き抜けから下界を見下ろしながら、恋人と、東京の夜を知り尽くしたかっこいい遊び人の友達と、まず駆け付けにシャンパンで乾杯。背の低いソファに腰かけて仲間同士盛り上がる者、VIPフロアで踊る者もいる。ここでは全員が知り合いで、何をしても許される。

 DJがダンスミュージックを爆音でかけ、ゲストが酒と踊りに耽るクラブには、大きく2種類あるといわれる。

 若い男女が出会いを求めて集まる場所を「ナンパ箱」という。フロアは積極的に女性に声をかける男性と、声をかけられるのを待つ女性であふれている。流れる音楽にはそこまでこだわりがない。

 一方、純粋に音楽を楽しみたい人が行くのが「音箱」だ。年齢層が少し高めのオトナの男女が集い、音楽性を追求する“業界人”も多い。その中でもVIPフロアには、カネと人脈を持つ者たちだけが集まっている。もっと楽しみたい、もっと感覚を研ぎ澄ませたい、もっと狂いたい──欲望が加速していくと、特別な「アイテム」に辿り着く。それがドラッグだ。

 盛り上がっているみんながやっている。「これ、いいよ」と手渡された1錠。シャンパンとVIPフロアにいる高揚感の中で、その誘惑にあらがえるのか──。

◆沢尻が持っていたのは通称「ピュア」

 沢尻エリカ(33才)は11月16日土曜日の早朝、自宅に合成麻薬「MDMA」を所持していたとして、警視庁に麻薬取締法違反容疑で逮捕された。その前夜、沢尻は「音箱」として知られる東京・渋谷のクラブ「W」であったパーティーに参加し、4階のVIPフロアで朝まで飲み明かした。沢尻の知人は「連日のNHK大河ドラマの撮影で忙しかったが、その翌日はたまたまオフだった」と明かす。帰宅と同時に捜査員の職務質問を受け、家宅捜索の結果、自宅から2つのカプセルに入ったMDMAが発見された。

 メチレンジオキシメタンフェタミン、いわゆるMDMA。強い幻覚作用と興奮作用を併せ持つ麻薬で、経口服用の錠剤型が多用される。「エクスタシー」「バツ」などの通称で知られ、対人親密感や共感、性的感覚が興奮する効果があるという。

薬物事件を起こしたASKA(時事通信フォト)

関連記事

トピックス