• TOP
  • 国内
  • 送迎・酒量ケア・料理…介護スナックが掴んだ要介護者ニーズ

国内

2019.12.18 07:00  女性セブン

送迎・酒量ケア・料理…介護スナックが掴んだ要介護者ニーズ

要介護者も飲みに行ける場所

“高齢者が飲みに行けない理由”を介護の専門家が一つひとつ解決し、重度の要介護者も飲んで歌える『介護スナック竜宮城』(神奈川県横須賀市)が話題だ。オーナー・佐々木貴也さんに、人気の秘密を聞いた。

「寝たきりのままで終わりたくない」「おいしい酒が飲みたい」「家族や友人とカラオケを楽しみたい」。

 鍼灸・訪問マッサージ、デイサービスなどを行う事業所を運営する佐々木さんが、利用者の多くからこんな切なる願いを聞き、2013年に神奈川県横須賀市にオープンしたのが『介護スナック竜宮城』。完全予約制、65才以上と身体障害者限定のスナックだ。

「ぼくも酒が好きだから、気持ちがよくわかりました。だから行けない理由を一つひとつ聞いて解決したのです」(佐々木さん・以下同)

 まず体の状態で外出がままならない人がいるから、介護車両による送迎付きに。車いすやストレッチャーで勇んで来店する人もいるという。

 また“高齢なのに飲んで大丈夫?”という家族の心配に応えるべく、事前にゲストの体の状態、アレルギー、酒の適量などを確認。当日は本人の自由な注文を聞きつつ、飲んだ酒類や量を細かくチェックし、必要に応じてセーブも。

昭和ムードの演出に欠かせないミラーボールとシャンデリア

関連記事

トピックス