• TOP
  • 芸能
  • 嵐のネット進出 「従来の芸能界のやり方壊す」苦渋の決断

芸能

2019.12.20 07:00  女性セブン

嵐のネット進出 「従来の芸能界のやり方壊す」苦渋の決断

嵐のネット進出は苦渋の決断だった…

「松本さんは忙しい合間を縫って英会話教室に通っていると聞きます。松本さんに引っ張られる形で、メンバーも“世界デビュー”に一丸となっています」(芸能関係者)

 定額動画配信サービス「Netflix」が、嵐のリアルな姿を追うドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』を2019年12月31日17時から独占配信。英語など28か国語の字幕付きで全世界190か国に向け、嵐が活動休止する2020年末まで全20話以上で毎月不定期に配信される予定だ。

 配信発表に合わせ、松本潤(36才)は

《どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています》

 とコメント。ファンから「一体どんな番組なの!」とうれしい悲鳴が上がっている。

「予告編に映った『その光と影』という文字が、ファンの間で物議を醸しています。番組ではアーカイブ映像に加え、メンバーの活動休止に関するインタビューも放送予定だといいますから、“影とは、活動休止に関すること?”などと憶測が飛び交っています」(前出・芸能関係者)

 Netflixは飛ぶ鳥を落とす勢いだ。会員数は全世界で1億5000万人を超え、日本でも300万人が視聴。莫大な制作費を使ったオリジナル作品が人気で、2019年に山田孝之(36才)主演で話題となった『全裸監督』は1話1億円とされる。民放ドラマの制作費は、高くても1話3000万円ほどだといわれるだけに、規模はけた違いだ。

「月額800円から見放題で、スマホで好きな時に視聴できるNetflixは若者を中心に大人気。そこに嵐が登場するとなれば、ファンのテレビ離れがさらに進みかねないと、テレビ局関係者は戦々恐々としています。ジャニー喜多川さん(享年87)が存命の時は、インターネットの世界に進出していなかっただけに動揺を隠せません。嵐の最後の1年を追う注目のニュースなのに、テレビがほとんど触れなかったのがそれを物語っています」(前出・芸能関係者)

 ともすれば、従来の芸能界のやり方を壊すことにつながりかねない。松本含め、嵐は苦渋の決断だったという。

関連記事

トピックス