• TOP
  • ライフ
  • ばぁば直伝 パーティー仕様「骨付きラム肉有馬焼き」レシピ

ライフ

2019.12.27 07:00  女性セブン

ばぁば直伝 パーティー仕様「骨付きラム肉有馬焼き」レシピ

ばあばは「ラム肉は冷めると硬くなりますから、熱々を召し上がってね」と

『きょうの料理』(NHK Eテレ)への出演でおなじみ、現役最高齢95才の日本料理研究家、“ばぁば”こと鈴木登紀子さんが、後世に残していきたい、料理の“手仕事”を紹介します。

 * * *
 2019年もあっという間の一年でしたね。元号も「令和」と改まり、師も奔走する12月、師走の到来です。

 ばぁばは11月14日に95才になりました。「四捨五入すると100才ですね。おめでとうございます!」と言われ、四捨五入しちゃうの? と大笑い。まあ、おめでたいかどうかはともかくとして、人はみな、神様から今生での使命をもって生まれるといいます。お料理がばぁばの使命であるならば、今もこうして日本の家庭料理をお伝えできるのは、つくづく有り難いことです。

 よく「ばぁばの長生きの秘訣は何ですか?」と聞かれます。これはもう「食いしん坊ばんざい!」に尽きますわね(笑い)。ばぁばは筋金入りの“肉食系女子”ですから、お肉がだーいすき。一度にたくさんは食べられませんが、ステーキなどシンプルなお肉料理がばぁばの95年を支えてきたのだと思います。

 よく食べ、よく笑い、明日を楽しみに今日を生きられるのは、何よりの幸せですわね。

 さて、本題に入りましょう。

 12月はパーティーシーズン。そこで今回は、ホームパーティーにうってつけの「骨つきラム肉の有馬焼き」をご紹介します。

「有馬焼き」と言えば、日本料理では山椒焼きを意味します。また焼きものに限らず「有馬煮」など、実山椒を使った料理はすべて“有馬”の冠がつきます。その理由は、温泉で有名な兵庫県の有馬地方がその昔、山椒の産地だったことに由来するようです。

 ラム肉は苦手、というかたも多いようですが、実山椒のたれに漬け込みますとラム独特のにおいが和らぎ、さらにローストすると香ばしく爽やかな味わいに昇華いたします。

 バターたっぷりで口当たりのよい、なめらかなマッシュポテトを添えてお楽しみください。

骨付きラム肉は筋切りをして、実山椒と漬ける

関連記事

トピックス