• TOP
  • 芸能
  • 芸能人の薬物使用は「一発アウト」か「復帰容認」か

芸能

2020.01.14 07:00  週刊ポスト

芸能人の薬物使用は「一発アウト」か「復帰容認」か

沢尻は現在、保釈されている

 2019年は多くの有名人が薬物使用や所持で逮捕され、公開を控えていた出演作品や過去作品などの扱いをめぐり、様々な議論が巻き起こった。そして、いまだ結論が見えないのが、芸能人の復帰についてだ。『週刊ポスト』読者アンケート(※)では、【一発アウト】:67.5%、【復帰容認】:31.8%という結果だった。双方の意見を代表して、漫画家の倉田真由美氏と映画監督の白石和彌氏に持論を聞いた。

●倉田真由美氏(漫画家・一発アウト派)

倉田真由美氏は「アウト派」

 2019年は、3月に俳優のピエール瀧さんがコカイン使用の容疑で逮捕され、11月には女優の沢尻エリカさんが合成麻薬「MDMA」の所持容疑で逮捕されました。こうした報道でいちばん怖いと思うのは、薬物使用そのものに憧れてしまう人が出てこないか、ということです。

 薬物は誰にも迷惑をかけない犯罪だと言われますが、それゆえに一線を越えやすい。憧れの役者やミュージシャンに薬物使用が発覚した際、「クスリをやってあんなに格好いい演技や音楽ができるのか」と思う人が出てしまう可能性がある。

 もちろん、一般の人が復帰を目指して頑張ることを否定するわけではありません。しかし、芸能人は憧れの対象になりやすいからこそ「一発アウト」を原則として、易々と復帰を認めるのは慎重になったほうがいい。

関連記事

トピックス