• TOP
  • 国内
  • 京アニ放火事件、遺族が呆れる「無礼で無遠慮な取材者たち」

国内

2020.02.07 07:00  女性セブン

京アニ放火事件、遺族が呆れる「無礼で無遠慮な取材者たち」

津田幸恵さんの父・伸一さん(撮影/伏見友里)

 36人が亡くなり、33人が負傷した京都アニメーションの放火殺人事件から半年。現場となった第1スタジオは、高く組まれた足場とグレーの防音シートで覆われ、この1月から解体工事が始まった。

 殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41才)は全身に重度のやけどを負い、大阪府内の病院から京都市内の病院に転院し、治療とリハビリに当たっている。

「犯人には何の感情もありません。考えたり思ったりしても何の意味もありませんから」

 そう話すのは、事件で犠牲となった津田幸恵さん(享年41)の父・伸一さん(69才)。

 幼い頃から絵を描くのが得意だった幸恵さん。念願の京都アニメーションに入社して20年、仕上げの彩色を担当し、人気作品を長年手がけてきた。帰省のたびにいろいろなお土産を買ってきてくれる気遣いがうれしく、忙しくも充実している様子を幸恵さんの表情から感じていた。

 そんな津田さんの生活は昨年の夏を境に、すべてが一変した。

 *
「ほんまやったらあと2、3年は働こうと考えてたけど、もう引退です」

 電気設備設計の仕事をしている津田さんは県外の現場に出かけることも多く、泊まりこみも少なくない。まだまだ働けるが、引退を決意した。

「近所に出かけるぐらいはいいけども、長距離となるとダメ。運転しながら、ふと幸恵のことに思いが及んでしまうんです。

 そうすると、苦しくなるほど涙が出て、前が見えなくなってしまってね。運転中では事故になりかねないでしょ? もうすぐ運転免許の更新があることですし、返納することに決めたんです。車が運転できなければ、これまでのように仕事はできないんでね。もういいですわ」

 生活スタイルも変わった。買い物は客足の少ない平日の午前中。最近はネットで済ませることも多くなったという。

「人のいる場所に出かけることがしんどいんです。事件直後は、朝、目が覚めても何もする気が起きず、何も考えられない毎日。朝から何も食べてないのに、夜になってもお腹が空かない。横になっても、寝てるか寝てないかもわからないような感覚。もちろん、疲れがたまって落ちるように寝てはいたんでしょうけど、あの頃のことは覚えていません」

 津田さんへのインタビューを通して、「メディアスクラム」「実名報道」について考えてみたい。

◆メディアスクラム──無礼で無遠慮な取材者が一気に押し寄せた

 事件翌日から殺到した取材に、津田さんは断ることなく対応してきた。その理由は、

「だってここまで来てるのに、追い返すのも気の毒でしょう」

 実際、2か月間で37社に及ぶ取材を受けてきたが、事件報道に対する疑問をいまだ解消できないでいるという。

関連記事

トピックス