芸能

キンプリ平野の天然エピソード、五円玉をチョコと思い飲んだ

ジャニーズの先輩からもかわいがられているという平野

 母親はその後、無事回復。家計のために芸能界入りを選んだ少年は、舞台でテレビで、家族を元気づけている。

 努力家で、見目麗しい平野だが、その内面もユニークだ。テレビ番組への出演が増えたことで、その天然っぷりが話題を集めている。

「“セプテンバーは何曜日?”や、“座右の銘はみずがめ座”、4月1日のエイプリルフールを“エリンギプール”と言い間違えたり…平野さんは数々の珍言を残しています。エッジが効きすぎた勘違いは〝平野語録〟と呼ばれています」(テレビ局関係者)

 あまりにもぶっ飛んだ勘違いのため、計算された、“ビジネス天然”と揶揄する声もあるが、そうではない。

「テレビでの面白発言はつくっていませんよ。小学校の頃から、あのまんま。五円玉をお菓子の『五円チョコ』と間違えてのみこみ、電柱を倒そうと素手で何度も殴る。極めつきは給食の牛乳パックを返却しようと配送トラックに飛び乗って、そのまま隣町まで運ばれた話もあります(笑い)。あの頃に比べたら、少し大人になったかなってくらいです」(地元の同級生)

 天性の“人たらし力”で多くの人に愛される平野は、ジャニーズ事務所の先輩にもかわいがられている。

「山下智久さん(34才)は平野さんを“面白くていいヤツ”と連れ回し、BBQパーティーをする仲です。嵐の松本潤さん(36才)とは、『花のち晴れ~』で主演を平野さんが演じる際、直接、助言をもらったことから師弟関係にあります。

 TOKIOの長瀬智也さん(41才)を“なりたい男”に挙げ、彼から男らしさとセクシーさを学んでいるとか。他事務所では、小栗旬さん(36才)と公私共に親交が深い。平野さんが眠れない夜には朝方まで、小栗さんはテレビ電話で付き合ってました」(前出・芸能関係者)

 先輩からの寵愛を受ける一方で、平野も全力で慕う。ついには先輩と同じマンションへ…そんな彼の“先輩愛”もまた、平野伝説として語られるのだろう。

※女性セブン2020年3月5日号

関連記事

トピックス