• TOP
  • 国内
  • 安倍首相の嘘 増税の影響は小さい、最高水準の賃上げ継続

国内

2020.03.05 07:00  週刊ポスト

安倍首相の嘘 増税の影響は小さい、最高水準の賃上げ継続

「私が嘘を言うわけないじゃないですか!」と息巻いたが…(時事通信フォト)

 安倍晋三首相の言葉に、「誇張」や「フェイク」、「大風呂敷」が交じっていることを国民は気づき始めている。政権復帰からの7年間、首相とその周辺は、嘘に嘘の上塗りを重ねてきたのではないか。いつから安倍首相はこんなに嘘をつくようになったのか。

 安倍首相が自信を持って嘘をつくようになった転換点は、安保国会のこの言葉ではなかったか。

「(憲法解釈の)最高の責任者は私だ」(2014年2月)

 そう宣言すると、歴代内閣が守ってきた憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定した。

 これをきっかけに安倍首相は、自分の言葉どおりに大臣も官僚も動き、発言を真実にできると異常な自信を持つ。憲法9条改正について、自信満々の嘘がポンポン飛び出すようになった。

「採択されている多くの教科書で『自衛隊が違憲である』という記述がある」(2017年5月)

 しかし、そうした記述の教科書はなかったことを自ら閣議決定している。

「資料を出せと言うのであれば出させていただく」「私が嘘を言うわけないじゃないですか!」(2019年2月)

 そう色をなしたこともある。安倍首相が国会や講演で度々紹介してきた、自衛隊員の子供が涙を浮かべて「お父さんは憲法違反なの?」と尋ねたというエピソードが本当なのかを質問されたときだ。

関連記事

トピックス