• TOP
  • 国内
  • 「特定抗争指定」と「コロナ」でヤクザ業界にも在宅勤務の波

国内

2020.03.31 07:00  NEWSポストセブン

「特定抗争指定」と「コロナ」でヤクザ業界にも在宅勤務の波

コロナ自粛で夜の街も閑散

コロナ自粛で夜の街も閑散

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回はコロナ自粛の広がる中で、ヤクザ業界の今をレポートする。

 * * *
「暇っすよ暇! おまけにコロナで、やることないですって」

 そう話す六代目山口組関係者の表情は、いかにも退屈そうだった。

「抗争が激しくなってきた時は、バンバン電話やラインがきたけど、今はどこも何も動いてないから情報もない。最近は連絡も週に1回ぐらい。『気をつけてくださいね〜』って言われて、『何に気をつけるの? コロナ? 抗争? どっち?』って聞いちゃいましたよ」

 軽口が出てしまうぐらい業界では動きがないらしい。

「“特定”がかかってからは、本部や大阪に行くこともないので本当に暇!」

“特定”とは「特定抗争指定暴力団」のこと。昨年から六代目山口組と神戸山口組の間では抗争が激化していた。報復が報復を呼んで相次ぐ銃撃事件が起こり、兵庫や大阪、愛知、岐阜など6府県の公安委員会は1月7日、この2つの組織を「特定抗争指定暴力団」に指定した。抗争に絡む本部や組事務所、幹部宅がある6府県10都市が警戒区域に指定され、事務所の使用は制限された。

 組事務所が使えなくなると、傘下組織の組員が本部や大阪に交代で常駐し警備や警戒をしていた“当番”がなくなった。彼らも今や“在宅勤務”なのだ。

「当番がないのは楽といえば楽ですけど…なんだかね」

 言葉を濁しながらラインに送られてきた写真を見せてくれた。

 大きな組事務所の前には、赤枠で囲まれた張り紙が貼られ、そこには「この事務所に立ち入り、またはとどまることは禁止」と赤い大文字が書かれている。

「見てよ、これ。閑散としてまるでシャッター商店街。うちの組も同じだけど」

「年末に挨拶に行ったのが最後。今はヘタに集まると捕まるし」

 特定抗争指定では、組員がおおむね5人以上集まると即逮捕となる。

「5人以上で集まるな!という通達が流れんだが、大阪ミナミの喫茶店で、4人なのに任意同行され調書を取られているんでね。4人でも行動するなという通達が出た」

 大阪府警は指定した翌日の1月8日、ミナミの喫茶店で席にいた組員3人と店近くに停めた車内にいた組員1人に任意同行を求めたのだ。

 他にも新幹線や飛行機に乗る時も申告、飲食店で組員らしき者がいたら入らない、公共施設でのケンカやもめごとなどは一切禁止。末端の組員までそれを通達するようにと指示があり、親戚関係の他団体とは日頃から仲良くして、もめることがないようにという通達も流れてきているという。

関連記事

トピックス