国内

安倍政権迷走 休業要請で朝令暮改、地方は独自緊急事態宣言

すっかりやる気を喪失か(時事通信フォト)

 それを物語るのが、安倍首相が全国一斉休校要請を突然発表したとき、休校に慎重だった菅氏が決定を直前まで知らされていなかったことだ。最終判断は発表当日(2月27日)、官房長官がいない席で、首相と今井尚哉・総理補佐官らごく一部の側近だけで決定されたとされる。

 政権を支えてきたと自負する菅氏が、安倍首相の仕打ちに屈辱を感じなかったはずがない。菅氏は首相を“支え甲斐がない上司だ”と愛想を尽かした。

 それからの官房長官会見は精彩がなく、会見でも役人が書いたメモを棒読みするばかりになった。政権を支えるモチベーションを失っていることが傍目に見て取れる。すっかりやる気を失っているように見える菅氏は手を貸そうとはしない。

 4月10日の定例会見で各県が勝手に非常事態宣言を出している問題を質問されると、こう言ってのけた。

「よろしいんじゃないでしょうか」

※週刊ポスト2020年5月1日号

関連記事

トピックス