• TOP
  • ビジネス
  • ブームの炭酸水シェア1位・アサヒ飲料社長が描く未来予想図

ビジネス

2020.04.23 11:00  週刊ポスト

ブームの炭酸水シェア1位・アサヒ飲料社長が描く未来予想図

アサヒ飲料の米女太一社長

 競争激しい飲料業界で、特に売り上げが伸びているのが「炭酸水」。このジャンルを牽引するのが「ウィルキンソン」を擁するアサヒ飲料だ。今後の展開を3月に就任した米女太一社長に訊いた。

──このインタビューシリーズではまず、平成元年(1989年)当時の仕事を伺います。

米女:私は1986年にアサヒビールに入社しました。最初は博多工場(福岡県)に配属され、労務管理に携わりました。

 翌1987年には「スーパードライ」が爆発的にヒットして博多工場でも生産することになった。生産ラインの組み換えやビールタンクの増設などがあって、活気に溢れた若手時代でしたね。それでも生産が間に合わないので、「社員はスーパードライを飲むな」というお達しが出たほど。当時は焼酎ばかり飲んでいた(笑い)。

 その後、1988年夏に東京本社の人事部能力開発課に異動となり、社員研修の企画立案や研修受講者のサポート、採用などの仕事に関わりました。

関連記事

トピックス