玉井雪雄氏

玉井:さすがだなあ。スーさんの話に説得力を感じるのは、その根拠を経験が裏打ちしているからだと僕は感じます。そうした個人の経験こそが、世界を動かす力になっていくのではないか、という気持ちがあって、作品の中でも日野の経験を最終的には重視しました。

スー:ただ、経験の言葉が本当に経験と思考を経た上のものなのかに、注意を払う必要がありますね。嘘か本当か分からない経験を技術的に説得力に変える人もいますから。つまらない話を面白く話せる芸人さんのように、話芸だけで押し切られる社会になりかねない(笑)。

玉井:そうですね。喋りが長けている人の意見ばかりで進んでしまう危険は確かにあります。ただ、それでも僕はその人の本当の経験には、嘘がつけない何かがあると思っています。嘘の経験は最終的には説得力を持たないはずだ、と。そこに賭けてみたかった。

スー:分かります。トロッコ問題のような問いには、本当は「答えないこと」がいちばん賢い選択なのでしょう。だって、どんな答えを選んでも絶対に嫌な思いをするのが目に見えているから。だけど、なぜその人がその選択をしたのか、とみんなで議論することは楽しい。私は仲のいい女友達と議論というかおしゃべりしながら、「ユリイカ!」とぱっと視界が開ける瞬間が本当に好き。それがいちばんコスパのいい時間の使い方だと思うんです。

【PROFILE】
●じぇーん・すー/1973年東京生まれの日本人。TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』のメインパーソナリティ-。著書に『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』、中野信子氏との共著に『女に生まれてモヤってる!』など。『これでもいいのだ』が新著として発売中。https://www.chuko.co.jp/special/janesu/

●たまい・ゆきお/1970年兵庫県生まれ。漫画家。主な作品に『OMEGA TRIBE』『かもめ☆チャンス』『ケダマメ』『IWAMAL/岩丸動物診療譚』『じこまん』『ばっどまん』『本阿弥ストラット』『怨ノ介 Fの佩刀人』など。現在『エチカの時間』コミックス1、2集(トロッコ問題編収録)が発売中。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン