国内

外出自粛の弊害 連れ込み性犯罪、DV、ネグレクトの危険あり

動画『外出自粛で高まる家庭内の虐待リスク』(「THREE FLAGS 希望の狼煙」より)でその危険性を訴える西坂さん。相談窓口も多数紹介している

 新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛が求められるなか、家庭内暴力の危険度が高まっている。

 子供の前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」の経験者で映像作家の西坂來人さんは「長期にわたる休校は考えただけでゾッとする」と語り、YouTubeに『外出自粛で高まる家庭内の虐待リスク』という動画を掲載して注意喚起をしている。

「虐待がはらむ大きな問題は当事者にはそれが異常な状況だと理解できず、学校の先生など周囲の大人に指摘されるまで気づかないことです。子供はしつけの延長で叩かれることが多く、自分が悪いと思ってしまう。特に小学生以下の小さな子供は“虐待されても親のことは好き”というアンビバレントな感情を抱いていることも多く、自ら発信することが非常に難しいといえます」(西坂さん)

 恐怖心からSOSを出せないケースも目立つ。

「ぼくの場合、父が酒を飲むと母に暴力を振るっていましたが、誰かに相談してそれを父が知ればもっと怖くなると思い、がまんするしかありませんでした。だからこそ虐待には第三者の気づきが大切です。いまは休園休校や外出自粛で子供とかかわる大人が少なく、多くの虐待が発見されにくい状況になっています」(西坂さん)

 実際、東京都児童相談センターに問い合わせたところ、「休校によるきょうだいげんかが増えたなどコロナに関する相談内容もあるが、件数が増えているという実感はない」という回答だった。しかし地域によっては相談件数が増えているところもあり、予断を許さないことは間違いない。加えて、この特殊な状況だからこそ起こり得るケースもある。

「親が小さな子供を置いて外出することが心配です」

 そう指摘するのは認定NPO「児童虐待防止全国ネットワーク」理事の高祖常子(こうそ・ときこ)さんだ。

関連記事

トピックス

(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
紅白「若者シフト」の狙いとは(写真/共同通信社)
紅白の“シニア視聴者切り捨て” NHKの若者偏重は番組の公平性の点からも疑問
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン