国内

外出自粛の弊害 連れ込み性犯罪、DV、ネグレクトの危険あり

動画『外出自粛で高まる家庭内の虐待リスク』(「THREE FLAGS 希望の狼煙」より)でその危険性を訴える西坂さん。相談窓口も多数紹介している

 新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛が求められるなか、家庭内暴力の危険度が高まっている。

 子供の前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」の経験者で映像作家の西坂來人さんは「長期にわたる休校は考えただけでゾッとする」と語り、YouTubeに『外出自粛で高まる家庭内の虐待リスク』という動画を掲載して注意喚起をしている。

「虐待がはらむ大きな問題は当事者にはそれが異常な状況だと理解できず、学校の先生など周囲の大人に指摘されるまで気づかないことです。子供はしつけの延長で叩かれることが多く、自分が悪いと思ってしまう。特に小学生以下の小さな子供は“虐待されても親のことは好き”というアンビバレントな感情を抱いていることも多く、自ら発信することが非常に難しいといえます」(西坂さん)

 恐怖心からSOSを出せないケースも目立つ。

「ぼくの場合、父が酒を飲むと母に暴力を振るっていましたが、誰かに相談してそれを父が知ればもっと怖くなると思い、がまんするしかありませんでした。だからこそ虐待には第三者の気づきが大切です。いまは休園休校や外出自粛で子供とかかわる大人が少なく、多くの虐待が発見されにくい状況になっています」(西坂さん)

 実際、東京都児童相談センターに問い合わせたところ、「休校によるきょうだいげんかが増えたなどコロナに関する相談内容もあるが、件数が増えているという実感はない」という回答だった。しかし地域によっては相談件数が増えているところもあり、予断を許さないことは間違いない。加えて、この特殊な状況だからこそ起こり得るケースもある。

「親が小さな子供を置いて外出することが心配です」

 そう指摘するのは認定NPO「児童虐待防止全国ネットワーク」理事の高祖常子(こうそ・ときこ)さんだ。

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン