芸能

没後2年で振り返る、西城秀樹さんと『ザ・ベストテン』

西城秀樹さんが逝去してから早2年(時事通信フォト)

 歌手・西城秀樹さん(享年63)が2018年5月16日に逝去してから、2年が経った。男性アイドルの道を開拓してきた秀樹さんを惜しむ声は、今も絶えない。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で、公式本にも載っていない人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)の年別ランキングデータを集計した芸能研究家の岡野誠氏が、客観的な記録を元に、『ザ・ベストテン』の西城秀樹さんの知られざる功績について綴る(文中敬称略)。

 * * *
 西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』は1979年4月5日、12日放送の『ザ・ベストテン』(TBS系、1978~1989年放送)で番組史上唯一の満点を叩き出している。同番組はレコード売上、ハガキリクエスト、ラジオ、有線放送の4つのデータを集計し、順位を算出。12年間続いた番組の中で、同じ週に性質の異なる4部門全ての1位獲得は、同曲のみ。当時は開始2年目だったため、スタッフも視聴者も気付いていなかったようだが、時間が進むにつれ、この偉業がクローズアップされ始めた。

 これ以外の記録を見ても、西城秀樹は前半の『ザ・ベストテン』を引っ張っていた。“番組開始時からの連続ランクイン年数”は8年にも及ぶ。これは2位の沢田研二、郷ひろみの5年を抑えて、堂々の1位。約12年間の通算ランクイン数で西城秀樹は6位だが、前半6年間の1983年終了時点では151回で1位だった(2位・松田聖子147回、3位・田原俊彦146回)。

『ザ・ベストテン』が始まった1978年、西城秀樹はデビュー7年目に突入しようとしていた。当時、アイドルの寿命は短かった。2年もオリコンのトップテンに入り続ければ大成功で、20代中盤になると、しきりに『大人への脱皮』を求められた時代である。

 同年、西城秀樹は『ブーツをぬいで朝食を』『ブルースカイブルー』などで年間45回ランクイン。これは沢田研二の49回、ピンクレディーの47回に次いで、山口百恵と並んで同年の3位タイである。 

 翌年、デビュー8年目の西城秀樹は『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』で満点を叩き出し、9週連続1位に輝いた。ほかにも『ホップ・ステップ・ジャンプ』『勇気があれば』でランクイン。年間42回を数え、山口百恵と並んで同年の2位タイだった。

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン