芸能

ジャニーズ専用ジム 岡田准一監修で利用は所属タレントのみ

手越の行動は大きな批判を集めた(写真/共同通信社)

ファンの目もあるジャニーズだからこそ、特別なジムを用意(写真/共同通信社)

 5人も入れば満員のサウナの上段で、木村拓哉(47才)が目をつむって滴る汗を手で拭う。その横には、暑さと必死に闘う二宮和也(36才)がいる。先輩2人を後ろに、恐縮しきりの後輩たち。がまん比べのような時間が流れるなか、木村がふと後輩の1人に声をかけた。

「あの番組最高だったよ」

 そんな夢のような秘密の聖地が存在する──。

 * * *
 6月1日、東京都は新型コロナウイルスによる休業要請の緩和を「ステップ2」に移行。それにより、スポーツジムなどが営業を再開した。

 東京都心のとあるビルのワンフロアにジムスペースがある。久々にオープンすると、そのビルには朝から人気アイドルグループのメンバーが出入りした。

「そこはジャニーズ事務所所属タレントの専用のジムです。マネジャーなどの事務所スタッフは使えず、筋トレしているのはタレントだけという、シークレットな空間です。もちろん費用はかからず、タレントは使い放題です。新型コロナの影響で4月中旬から休館し、タレントたちは自宅での“リモートトレーニング”に切り替えていました。ジムのトレーナーが、中継動画サイトを使って指導していたようです」(芸能関係者)

 再スタートの6月1日からしばらくは、利用は予約制になり、ジム内は同時に最大2人までしか入れないという厳戒態勢だ。

「いくらステップ2に移行しても、このコロナ禍でタレントたちは自由に外に出られない状況が続いています。なかなかジムにも行けないなか、所属タレント専用のジムがあるのはいい対策になっていますね。しかも、きちんと制限を設けて再開しているので、タレントたちの不安も少ないでしょう。

 タレントを感染させない、また感染源にさせないという事務所の強い管理意識を感じます。利用する人にとっても、ストレス発散ができる憩いの場所になっていることでしょうね」(前出・芸能関係者)

 そのジムの工事は1年近くかかり、完成したのは今年に入ってからだという。

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン