国内

雅子さまが取り組む子供の貧困問題、5000万円寄付の本気

障害者施設を訪れた両陛下(写真/JMPA)

 日本の子供の貧困率は約14%で、先進国の中でも特に高い。さらにいま、コロナによる親の収入減などで、子供の生活はさらに追いつめられている。そんな大問題に胸を痛められた皇后雅子さま(56才)が取られた行動とは──。

 こんな状況なので、あちこちに足を運ぶことはできない。それでも天皇皇后両陛下は静かに情熱を燃やし、積極的に動かれている。

「両陛下は6月12日、厚労省の子ども家庭局長などからご進講を受けられる予定です。テーマは“新型コロナウイルスが子育てや教育、子供たちの生活にどのような影響を与えるのか”というものです」(宮内庁関係者)

 両陛下はこのところ立て続けにご進講を受けられ、現場の第一線で活動する関係者から直接話を聞かれている。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんが言う。

「両陛下は説明を聞いて理解を深めるだけではなく、最前線で働く人たちに直接会って、労い、感謝し、励ましたいというお気持ちでしょう。そして、現場の声も聞いたうえで、自分たちに何ができるのかを考えたいということでしょう」

 雅子さまは8日、予定されていたご養蚕行事を欠席された。雅子さまは「新型コロナの影響もあり、沈みがちな日も多い」(皇室記者)というが、それでも数多くのご進講に臨まれ、労いのお気持ちを示されている。5月20日に日本赤十字社幹部からご進講を受けられた際、両陛下は医療従事者がコロナ差別や偏見に遭っていることに懸念と心配のお言葉を発表された。

 さらにこのコロナ禍で、雅子さまのご関心は「子供たち」へと強く向かっているようだ。

寄付金の行方まで把握されている

《最近、国内では、子供の虐待や子供の貧困など、困難な状況に置かれている子供たちについてのニュースが増えているように感じており、胸が痛みます。世界に目を向けても、内戦や紛争の影響が、特に子供を始めとする弱い立場の人々に大きく及んでいる現状を深く憂慮しております》

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン