7月12日、立憲民主党の枝野幸男代表は「さらに感染が拡大すれば政治の不作為による失敗」と東京を中心に緊急事態宣言を出すべきと述べた(時事通信フォト)

7月12日、立憲民主党の枝野幸男代表は「さらに感染が拡大すれば政治の不作為による失敗」と東京を中心に緊急事態宣言を出すべきと述べた(時事通信フォト)

「詳しいことは打たない日野さんが困っちゃうからもう端折るけど、とにかく私たちはもう日常を取り戻した、ということはわかっていただけると思います。もちろんコロナ対策も徹底してますよ、医療機関や官公庁を除けば、コロナ対策にもっともお金も人も使っているのはパチンコ業界だと自負しています。実際その辺りの評価はいただいていて、いつも悪者の私たちも嬉しいですね」

 そう、日常だ。5月25日の緊急事態宣言解除後、私たちは憲法で保証された自由な経済活動、日常へと戻っていった。リモートワークやソーシャルディスタンスなどコロナ前とは違う就業形態を余儀なくされている人はいるだろうが、それでも社会福祉の範疇の方々を除けば、日々の糧を得るために働くしかないのが私たちだ。コロナの恐怖と失業の恐怖なら大部分は後者を恐れるだろう。日本政府もコロナより経済を取った。だからこその緊急事態宣言解除であり、GoToトラベルキャンペーンである。目立ちたがり屋の知事さんが何を言おうと、私たちは限界なのだ。8月からは新たにGoToイートキャンペーンが始まる。休めだ動けだ、いったいどうすればよいのやら。

「そのとおりです。パチンコ以上に小売とか、外食とか、どこも限界じゃないですか、再自粛要請どころか緊急事態宣言が再発令なんてされたら、コロナで死ぬより金詰まりで死ぬんじゃないですか」

 西口さんと私の考えは基本的に同じだ。いや、大多数の職業人はそうだろう。1000人余りの尊い人命が奪われたが、餅などを喉につまらせて死ぬ人が1月だけで1300人、インフルエンザに至っては年間3000人を超える(2018年)。未知のウイルスとそんなものを一緒にするな、不謹慎だと言われてしまうだろうが、事実である。餅はともかくインフルエンザで国家経済をストップしたりはしないだろう。ワクチンの完成を待っていたら倒産とか失業なんて笑えない。

「それにね、前回はみんな自粛に従いましたが、今回も協力するかと言ったらどうでしょう。誰も従わないんじゃないですか? お上品な百貨店も無視してるくらいですから」

 新宿伊勢丹、東武池袋などは感染者が出ても逐次対応で営業している。そごう川口店だけは全館休業、個々の自由だが何をしても今後も感染者は出るだろうに、余裕あるなと思う。

「国が重篤患者も少ないし死者はもっと少ないから問題ないと言ってるわけでしょう? 野党が緊急事態宣言を出したがってるそうだけど、野党の金で保証してもらわなきゃね」

 西口さんの言っているのは7月12日に立憲民主党の枝野幸男代表が「少なくとも東京を中心に緊急事態宣言を出すべき客観的な状況だ」と言ったことだろう。政府は「考えていない」と一蹴したが、確かにこれで再宣言なら立憲民主党の政党助成金と枝野さんのポケットマネーで営業保証してもらうのも一興か。

「誰もどうにもならないんだから、コロナ前提で仕事するしかないでしょう」

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン