政府の観光支援事業「GoTo トラベル」キャンペーン開始直前に東京は除外された(時事通信フォト)

政府の観光支援事業「GoTo トラベル」キャンペーン開始直前に東京は除外された(時事通信フォト)

 いまやエンタメは瀕死の状態、不要不急の職業に従事する者など疫禍のうっぷん晴らしのための生贄候補だ。それを都知事も府知事もよくわかっている。この奇妙な分断はコロナ発生以来、延々と続いている。曖昧で強力な政治は国民の分断と思考停止に最適だ。

「とにかく休業再要請には従いませんよ。それは私たちパチンコ業界だけじゃない、今回は民間企業すべての総意でしょう」

 あくまで西口さんの意見であり、総意かどうかはわからないが、私もうなずかざるを得ない部分はある。みなコロナで死ぬより経済で死ぬほうが怖いのだ。

 ただ西口さんの従わないという強い決意は営業面だけの問題ではないように思う。曖昧なままにコロナ禍の主犯のようにあげつらわれ、生贄となったあの緊急事態宣言下、クラスターも発生させることなく耐えたパチンコ業界、みなそんなことなど無かったかのようにパチ屋を無視して、ホストクラブだ、小劇場だ、ニューハーフショーパブだと面白おかしい魔女狩りにご執心だ。アルベール・カミュの『ペスト』の民衆さながら日本国民は不機嫌で、新たなバッシングの矛先を喜々として探している。まさか日本人が日本人を差別するディストピア、「たかがパチンコ」に始まったコロナ差別の対象が、いまや都民1300万人に対する差別に至るとは思わなかったが ――― 。

 西口さんの言う通り、この体たらくでは誰も休業再要請など従わないだろう。私たちはコロナと生きる覚悟をするしかないのだ。政府、野党、知事 ――― 彼らの覚悟の揺らぎこそ、あいまいな発表と国民に対する投げっぱなしの姿勢が、無用の差別と人心の分断を生んでいる。

●日野百草/ひの・ひゃくそう。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ正会員。ゲーム誌やアニメ誌のライター、編集人を経てフリーランス。2018年9月、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。2019年7月『ドキュメント しくじり世代』(第三書館)でノンフィクション作家としてデビュー。12月『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)を上梓。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン