• TOP
  • 国内
  • 陽子線の術後照射の利点、隣の臓器の副作用恐れずにがん死滅

国内

2020.08.05 07:00  女性セブン

陽子線の術後照射の利点、隣の臓器の副作用恐れずにがん死滅

メディポリス国際陽子線治療センターの荻野尚医師(撮影/関谷知幸)

 乳がんも、5年前までは陽子線治療ができないといわれていた部位だった。柔らかな乳房は呼吸をするたびに動き、ピンポイントで照射できない。陽子線治療に携わる世界中の医師が乳がんは無理だと諦めていたという。

 そこに挑戦したのが同センター。開設当初から乳がんの陽子線治療を目標に掲げ、その開発を担ったのが同センター診療部長で、世界で初めて早期乳がんに対する陽子線治療を行った有村健医師だ。

「多くの医師から“できるはずがない”と言われましたし、ぼく自身も難しいだろうという思いがありました。でもここで投げ出してしまえば一歩も進まない。だったらいまの技術でどこまでやれるかやってみよう、という思いで取り組んだんです」

 病巣のみをピンポイントで狙うためには、乳房の精度の高い固定が絶対条件だった。

「石膏や接着剤など速乾で固まるものや、熱で変形して冷ますと固まる器具で乳房の固定を試しましたが思うようにいかない。さらに、固定させるときの向きも、仰向けだと乳房が横に流れてしまい、放射線の照射範囲に肺や心臓が近づき、障害のリスクが高まる。逆にうつ伏せになると肺や心臓からは離れますが、患部が見えづらく、動きを追えないデメリットがある。

 試行錯誤するうちに、上か下かの選択ではなく、その2つのいいとこ取りで、下を向いて乳房が胸壁から離れた状態で固定。その状態のまま、患者さんを回転させて仰向けにすれば、呼吸の動きも見ながら照射できるんじゃないかと考えたんです」(有村さん)

 そうして5年がかりでがんの位置に応じて最適な方向から陽子線が照射される360度回転装置と、3Dプリンターによる乳房保持カップの開発に成功。早期乳がんの陽子線治療法を確立した。

 2015年、世界で初めて乳がんの陽子線治療が行われ、以来、臨床試験で有効性と安全性が認められ、現在は第2段階が審議中だ。そしていま、自由診療での早期乳がんや術後照射の治療が可能になった。

 有村さんが特に自信を持つのは『術後照射』だ。手術で切除しきれずに残ったがんや、再発防止のための放射線治療のことを指す。

「X線の場合は肺や心臓にも照射されるため、左胸の乳がんの人は右の人に比べて心臓の有病率が約3倍に跳ね上がることが報告されており、もともと肺や心臓に疾患があるかたは術後照射はできません。その点、陽子線は肺や心臓の手前で止めて、患部だけを狙い撃ちできるのです」

 陽子線による術後照射なら、隣の臓器の副作用を恐れることなく、がんを死滅させられる。

関連記事

トピックス