四十九日を過ぎ、愛犬の納骨を済ませた秋吉久美子

四十九日を過ぎ、愛犬の納骨を済ませた秋吉久美子

 ペットの死をきっかけに、ふさぎ込んでしまう高齢者も多い。愛知県在住の高橋のり子さん(48才・仮名)の母親がそうだった。

「3年前、母が75才のときに17年間飼ってきた愛犬・シロが息を引き取りました。子犬の頃から育ててきたので、母の落ち込みは相当なものでした。いまでも“シロがいないと行く気がしない”といって日課だった散歩にも出ず、自宅にひきこもりがちの生活が続いています。ふと気がつくと、シロの写真を見ながら涙をポロポロこぼしていることもあって……。娘が犬アレルギーなので、母の死後、犬を引き取ることが難しいので、“次の子を飼っていいよ”とも言えません。こんな状態では、ペットロスで母の死が早まるのではないかと心配です」

犬猫の死因1位はあの病気

 こうした深刻なペットロス症候群に陥る人が増えているのはなぜか。前出の吉田さんは理由として、ペットを大切にする人や溺愛する人が増えたことを挙げる。

「洋服を着せたり、写真を頻繁にSNSに投稿するなど、子供以上にペットに愛情を注ぐ人が増えました。それが“ペット依存”につながり、亡くしたときには重いロス状態を引き起こしてしまうのです」

 もう1つの理由はペットの寿命が延び、共に過ごす時間が長くなったこと。そう指摘するのは、茶屋ヶ坂動物病院副院長の佐藤恵一さんだ。

「ペットの主な死因となっていた、ウイルス性の病気や寄生虫によるフィラリア症が予防できるようになり、犬や猫の平均寿命は年々上昇しています。現在では、人間と同様、加齢によって生じる可能性が高くなる、がんや心臓病が死因の多くを占めています」

 がんになった場合でも、人間同様、外科手術や抗がん剤、放射線治療などによって治るケースが増えた。

「例えば犬の場合、犬種によってもかかりやすいがん(悪性の腫瘍)が違うことが、研究でわかってきています。ゴールデンレトリーバーなら悪性リンパ腫や脾臓腫瘍が多く、パグなどの短頭種は肥満細胞腫、テリア犬種では膀胱がんになることが多い。私たち獣医師はおおむね8才頃から検診を推奨しています」(前出・佐藤さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン