芸能

花田優一がマルチに活躍する日はくるか カギは河野景子の再婚相手?

コロナ禍で疲弊するワイドショー、週刊誌が「待ってました!」とばかりにこぞって報じた

コロナ禍で疲弊するワイドショー、週刊誌が「待ってました!」とばかりにこぞって報じた

 常に家庭内の騒動が世間から注目されている“花田家”の人々。放送作家でコラムニストの山田美保子氏が、最新の花田家事情を分析する。

 * * *

1年前には父親との仲よしエピソードを披露していたのに

「大なり小なり、どこの家庭にも“事件”は起きるものだと思います。ただ、花田家はそれが外へ筒抜けに報じられてしまう」

 とは、2月18・25日号の『女性セブン』に登場した河野景子サン(56才)のコメント。『コトバノケイコ』(学研プラス)上梓を機にインタビューに応じてくださったのだそうです。さらに景子サンは「何かというと部外者が家族に介入してくる環境でもありました」とも。おっしゃるとおりですよね。

 花田家の場合は、その時々で誰が“部外者”で誰が“家族”なのか。さらには誰が“味方”で誰が“敵”なのか、よくわからなくなる。これが、事を複雑にする根源と言えましょう。

 また、花田家には、“事件”が同時多発するという特徴もあります。こうして『女性セブン』では景子サン、『週刊女性』では花田優一クン(25才)、そして『週刊文春』には貴乃花光司サン(48才)……と、ほぼ同時期にインタビューが掲載されるとは。本当にすごいご家族です。

 当然のように、各局のワイドショーは、このネタに食いつきました。正直なところ、コロナに関しては、やり尽くしているようなところもあるうえ、当然、中身は楽しくなるハズがありません。でも扱わざるを得ない。よって制作スタッフはもちろん、MCやコメンテーターのメンタルは疲弊しきっていたのです。

 そこに、なんとも香ばしくも懐かしい花田家の事件が勃発したのですから、食いつかぬハズがありません。

 その中の1本、『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演させていただいた私。『週刊女性』の優一クン激白に、光司サンが猛反論された『週刊文春』発売のタイミングでした。

 大テーマは「親子の確執」。「たとえ父であっても、これ以上見て見ぬふりはできない」と“父のモラハラ”や“暴力”などについて優一クンが告白したことに対し、「このまま“黙して語らず”というわけにはいかない」と光司サン。特に、景子サンへの行動があまりに事実とかけ離れていたため反論せざるを得ないということになったのだそうです。

 それだけではありません。父子の関係が悪化したのは優一クンがイタリアから帰国してからだそうで、「職人でもないのにテレビに出て、ちやほやされるのは息子にとってもよくないと思っていました」と光司サン。優一クンに“出演してもらう側”の番組スタッフでもある私は申し訳なかったなぁと思いつつ、でも二世は数字持ってるしなぁ……と(苦笑)。坂上忍サン(53才)は、なぜ優一クンのテレビ出演が減ったのかと疑問に思われていましたが、“1周回って”、またオファーが増えるような気もしています。私が担当した番組ではありませんが、2020年の元日、『NOと言わない!カレン食堂』(テレビ朝日系)で初共演した景子サンと優一クンの2ショットには多くの視聴者のチャンネルが留まりましたから。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン