芸能

みちょぱ、元ジャニーズ大倉士門と熱愛 「私が面倒見る」と同棲開始

みちょぱに熱愛

撮影現場をはしごする日々が続く、みちょぱ

 芸能人が多く暮らす都内の高級マンションに、今年2月、新たな人気者が加わった。2020年のテレビ番組出演本数ランキング・女性タレント部門で4位に入った、カリスマギャルモデルの「みちょぱ」こと池田美優(22才)だ。

 みちょぱは以前から母親と同じマンションで、隣同士の部屋に住んでいると公言していた。今回も母親を連れての引っ越しだったようだが、一緒にやって来たのは母親だけではなかった。

「みちょぱには以前から交際している彼氏がいるのですが、その彼と新居で同棲を始めたんです。お母さんも同じマンションの違う部屋に住んでいるので、親公認の仲。お相手は、大倉士門さん(28才)です」(みちょぱの知人)

 大倉は京都府出身で、かつてはジャニーズ事務所に所属。関西ジャニーズJr.の一員として活動していた時期がある。大学進学での上京を機にジャニーズ事務所を退所したものの、10代女子向けのファッション誌『Popteen』に読者モデルとしてスカウトされると瞬く間に人気に火がつき、同誌の「好きな男の子モデル」アンケートで1位を獲得したこともあるイケメンだ。

 3月中旬、本誌・女性セブンは新居に出入りするみちょぱと大倉の姿を、幾度となく確認している。

 みちょぱは2月16日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、自身の恋愛観について「ひとめぼれとかは絶対にない。友達から急に好きになったりする」と話している。その言葉通り、ふたりの出会いは古く8年前に遡る。

 2013年、当時中学生だったみちょぱが、大倉が活躍する『Popteen』の別冊で読者モデルデビューしたのがきっかけだった。みちょぱは翌年の7月号から専属モデルに“昇格”し、表紙を飾る人気モデルに駆け上がる。カリスマモデル同士になった2人は、仕事を共にする機会が増えていった。

 2015年には音楽ユニット『ROYALcomfort』のミュージックビデオで共演すると、切ない失恋ソングに合わせ、息ピッタリに恋人役を演じている。この“好演”があまりにリアルだっため、ネット上では以前から交際が噂されてきた。そのたびにふたりは「兄妹のような関係」と否定してきたのだが、いつしか恋人関係に発展していたようだ。

「いまから3年くらい前だったと思います。みちょぱからアプローチして、つきあうことになったようですよ。彼女は見た目で勘違いされちゃうんですけど、ああ見えて一途なんです。しかも彼の前では乙女。スマホで撮影した写真にラブラブなメッセージを書き込んだり、彼のために料理をする機会も増えたみたいです」(前出・みちょぱの知人)

 昨秋には、図らずもふたりの仲が「明らかになってしまった」事件も起きている。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン