芸能

『あのキス』最終回直前 大石静「普遍的な心を描くのがドラマの使命」

“ラブストーリーの名匠”脚本家の大石静さん

 大石静さんが脚本を手掛ける、人気ドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、毎週金曜23時15分)がクライマックスを迎える。「もう大石作品には何度ハラハラ・ドキドキ・ヤキモキさせられたかわかりません!」と話すのはコラムニストで放送作家の山田美保子さん。そんな山田さんが、35年以上テレビドラマ界のトップを走り続けている大石さんに、制作の裏側をたっぷり聞いた。

実力派で美しい松坂・井浦・三浦の3人はまさにドリームチーム

山田美保子(以下、山田):今期、私がもっとも夢中になって観ているのが大石さん脚本の「金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』」(テレビ朝日系・以下“あのキス”)なんです。翌週の展開がこんなにも気になるドラマは本当に久しぶり。特に6月4日放送のラストシーン(ネタバレあり)。オムライスのバースデーケーキをあんなに幸せそうに食べていたのに、まさか田中マサオ(井浦新サン・46)が戻ってきちゃうなんて!! これまで、お粥やイカのゲソ煮を床に落としてしまっていた桃地(のぞむ=松坂桃李サン・32)のように、晩酌のお供に食べていたクラッカーを噴き出してしまいました!

大石静(以下、大石):桃地はちょっと食べ物を落としすぎよね?(笑い) でも、山田さんに楽しみにしていただけて光栄です。視聴者のかたが「この先、どうなるんだろう」とドキドキしていただくために、今回は予測不能な展開に命を賭けました。

山田:井浦サンと大石さんのタッグは、私のベスト恋愛ドラマ『コントレール~罪と恋~』(2016年・NHK)以来、5年ぶりですよね?

大石:その前は『蜜の味~A Taste Of Honey~』(2011年・フジテレビ系)だから、連ドラ3回目のおつきあいです。今回、「井浦サンがいい」って真っ先に言ったのは若い女性プロデューサー(貴島彩理さん)なんです。あのポジションって普通に考えるとムロツヨシさん(45)とか阿部サダヲさん(51)を発想しますよね。でも「メインの男優は高身長のシュッとした人達を揃えたい」と言ったんです。なるほどと思いました。松坂サン、井浦サン、そして三浦翔平サン(33・高見沢春斗役)と、身長180cm超えのイイ男が揃っているのは夢があります。視聴者は、それを愛でる愉しみもあるわけですよ。

山田:まさしく! 三浦サンはフラダンスのシーンが秀逸でしたよね。『M愛すべき人がいて』(2020年・テレビ朝日系 )以来、本当に目が離せません。

大石:三浦サンも2回目のおつきあいなんですけど、芝居うまいです。松坂サンも井浦サンも三浦サンも、本当に実力派で美しく、まさにドリームチームですね(笑い)。

山田:そして、ヒロイン「蟹釜ジョー」役の麻生久美子サン(43)!

大石:普段もお美しいんですけど、映るとさらに10倍くらい美しくなって驚きました。台本や演出が何を求めているかもパッとわかるし、頭もよいかただと思います。才能もあり自信もあり、傲慢でわがままだけどかわいらしいヒロインを、本当に見事に演じてくれました。

関連記事

トピックス