• TOP
  • 芸能
  • 花田優一「弟子にした週刊誌記者が自分のゴシップを探る」現実を知る

芸能

2021.07.02 16:00  NEWSポストセブン

花田優一「弟子にした週刊誌記者が自分のゴシップを探る」現実を知る

優一氏の気持ちを理解し始めた弟子の記者「西さん」

弟子になった週刊誌記者「西さん」(写真は優一氏撮影)

 西さんはこう答えた。“私は正義です”とでも言っているかのような空気に一瞬全員が戸惑ったが、西さんの微かな苦笑いがその空間を収めた。良くも悪くも、西さんの度胸と根性に、僕は感銘した。

 西さんが靴職人で“メシを食って”いこうとしているわけではないことは理解しているし、本業が「週刊誌記者」であることも分かっている。それでも、気づいたら僕は、西さんが靴作りを好きになる方法を考え、西さんという人間を知ろうとしていた。

 靴作りにおいて、技術が上達していくことはとても素晴らしいことだが、単純に技術が身についたからといって、職人になれるわけではない。「なぜ靴を作っているのか」「どこを目指しているのか」「この時間にはどんな意味があるのか」そんな自問自答を繰り返し、精神的にも研磨されていく必要がある。今の僕にとって、西さんとの時間は、己の精神を研磨する、新たなヤスリだと感じている。

 西さんが、工房の中で、ふと言った言葉を思い出した。

「優さんといる時間が増えて、撮られる側の気持ちが少し分かったような気がします」

 もしかしたら、僕も彼の人生を、変え始めてしまっているのかもしれない。

 ■取材・文/花田優一(靴職人・タレント)

関連記事

トピックス