• TOP
  • 芸能
  • 鈴木保奈美 離婚をしてもダメージを受けない巧みな“イメージ戦略”

芸能

2021.07.29 16:00  女性セブン

鈴木保奈美 離婚をしてもダメージを受けない巧みな“イメージ戦略”

買い物する保奈美。今年に入り心機一転、髪もショートに

買い物する保奈美。今年に入り心機一転、髪もショートに

 7月16日、石橋貴明(59才)と鈴木保奈美(54才)が離婚を発表した。23年に及ぶ結婚生活に終止符を打ったことを明かしたのは石橋のYouTubeチャンネル。「字幕」によって離婚は発表された(動画は削除済み)。離婚を報告した2ショット写真で笑顔を見せていたのは保奈美だけで、石橋の表情は硬かった。対照的な表情が物語る夫婦生活の真実とは──。

 都内の高級スーパーで、女性が買い物かごに次々と野菜や果物などを入れていく。

「ワインも3、4本買っていて、これからパーティーを開くのかなって思いました。まさか、離婚のお祝いだったりして(笑い)」(居合わせた客)

 買い物をすませて高級車で新居へと帰っていったのは、この数日前に離婚を発表したばかりの保奈美だ。保奈美は離婚に関するコメントを出してはいないが、充実した新生活をスタートさせているようだ。だがベテランの芸能記者からはこんな声も聞こえてくる。

「当時、あれだけ略奪婚と騒がれたことを考えると、きれいに別れたなと。昔から彼女のことを知っている人は、やはり保奈美さんは“したたかな女性”という印象を持つでしょうね」

 23年前、保奈美と石橋の結婚は、お互いの離婚から始まっていた。保奈美は1994年にモータースポーツジャーナリストの川井一仁さん(60才)と結婚するも、1997年に離婚。一方の石橋も、1988年に一般女性と結婚し、その翌年に現在女優として活動する石橋穂乃果(31才)が誕生したが、1998年10月に離婚した。

 そして石橋の離婚からわずか2週間後、ふたりは再婚する。保奈美は妊娠3か月で、再婚を機に芸能界を引退するという“おまけつき”だった。

「タイミング的に保奈美さんによる“略奪婚”と報じるメディアも少なくありませんでした。当時、石橋さんの元奥さんは『週刊女性』の取材に、《不倫だったんですよね》《2人がここにいたなら、ぶん殴ってますよ》と答え、怒りに震えていましたから。

 保奈美さんにとって、東京のお笑い界のスターだった石橋さんと再婚して引退というのは、引き際としては悪くない選択でした」(前出・ベテラン芸能記者)

 1991年に『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)でブレークした保奈美だが、それ以降は女優として伸び悩んでいた。

「『東京ラブストーリー』の赤名リカがハマり役すぎて、それを超える役を演じられなかったんです。再婚時の彼女は、女優として難しい局面を迎えていたので、“デキ婚で体よく引退できた”と言う人さえいました。ただ、強引な引退だったゆえ、いろんなところに迷惑をかけた。

関連記事

トピックス