芸能

小説『ムショぼけ』発売 沖田臥竜×藤井道人対談「人生のやり直し方」

沖田

元ヤクザ最高幹部という過去を持つ沖田臥竜さん

 元首相ですら失言ひとつで東京五輪組織委員会の会長の職を失った。有名ミュージシャンも「いじめ自慢」をしていた過去をぶり返されて、東京五輪開会式の作曲担当を辞任。「ひとつの失敗が命取りになる社会」になったことが突きつけられた。

藤井「完全なネット社会となった現代は、『人生ゲーム』のように一歩ずつステップアップしていく人生は難しい。一度失敗したらすべてが終わり。しかも、過去に起こした間違いさえ掘り起こされて、ゲームセット。いわゆる、キャンセルカルチャーと呼ばれる事態ですが、それが行きすぎているように感じます」

沖田「私の経験やと、もともと日本の社会は疎外的ですよ。社会の枠から外れた人やアウトローに“人権”を認めないのは、自分から道を逸れたんやから自業自得ですけどね。

 ただ、そんな厳しさが、一般人にまで簡単に及ぶのがいまの時代なのかもしれません。有名人ですら一撃で終わるでしょ。もう、誰しもが、いつどこで人生の階段から転げ落ちてもおかしくないリスクを持っているわけです」

家族と仲間は“財産”

藤井「ぼくはこの小説の中に、こんな社会を生き抜くヒントがあるように思いました」

沖田「世の中って、どうしたって解決できひんことがある。特に過去の経歴はそうです。

 そうは言うても、人生を諦める必要はない。ひとつの突破口は、地味なことでも地道にコツコツ続けること。職人なら職人の仕事やし、私みたいにとにかく書き続けることでもええんやと思います。一滴一滴のしずくでも、継続すれば石でも穿つ。実直な努力があれば、周囲も信頼してくれます。一発逆転なんて、虫のいい話はないんちゃいますか。

 もう1つは、常日頃から“財産”を大切にしておく、ということです」

藤井「貯金ってことですか」

沖田「お金以上の“財産”はたくさんあります。まずは家族です。社会からはしごを外されたときに、家族ほど助けになる存在はおらんでしょう。本当にありがたい」

藤井「『ムショぼけ』の主人公にとって、出所を出迎えてくれた母親の存在が大きかったですよね」

沖田「元ヤクザが刑務所から出てきてやり直そうとしても、迎え入れて、生活再建を手伝ってくれる人なんてほとんどおらんのです。出所する受刑者の3分の1は、帰る家も頼る家族も持たへんのですよ」

藤井「現実は孤独な状況なんですね」

沖田「出所した足で役所に行って生活保護を申請。その金でワンルームを借りて生活を始める。それがほとんどちゃいますか。自業自得なんやけど、最底辺からのリスタートやから、シャバに出た喜び以上に、再び“つらくみじめな思い”をしなあかんわけですよ。

 そこにオカンがいてくれるだけで、まったく状況が違いますわね。家族はいつだって味方でいてくれることに感謝していなければなりません」

藤井「仲間もそうでしょうね。『ムショぼけ』の主人公は、仲間たちに恵まれました」

沖田「何事もひとりではできひん。自分のためやなしに、仲間のために何ができるか、それをいつも考えて実行せなあかんでしょう。いざ自分がコケたとき、見捨てずにいてくれるのはそういう仲間です。

 ただ、手を差し伸べてもらうには、真摯に努力せなあかん。本気でやってないやつ、テキトウにやっている人間からは仲間も離れていきます」

関連キーワード

関連記事

トピックス