芸能

近藤真彦、長年住んだ家族との思い出の家を売却 高くついた不倫の代償

空港に現れた近藤真彦

今年5月、羽田空港に姿を現した近藤真彦

「本当にうれしいですね。マイクの前でマイクの向こうにいる人にメッセージができるっていうのは」。9月28日にスタートした文化放送のラジオ番組『近藤真彦 RADIO GARAGE』の冒頭、近藤真彦(57才)は晴れ晴れとした声で、そう挨拶した。今年4月のジャニーズ事務所退所後、近藤にとって初のレギュラー番組となる。

「この半年間、近藤さんは過去の清算に奔走していました。ようやく迎えた自身の新レギュラー番組だけに、感慨もひとしおだったのでしょう」(芸能関係者)

 近藤がふた回り以上年下の女性と5年間にわたり不倫関係にあったことを報じられたのは昨年11月のこと。その後、ジャニーズ事務所は無期限の謹慎処分を発表するも、近藤は自粛中に、突如退所を決断。彼にとって、まさにどん底の1年間だった。

「報道後は、5年間にもわたる不倫関係に、奥さんが“離婚する!”と激怒。しかし、話し合いでなんとか離婚を回避し、近藤さんは家族の絆を再構築すべく、奥さんと14才になる息子さんと反省の日々を送っていると報じられました。身から出た錆とはいえ、今年8月に亡くなり、近藤さんのことを長年気にかけていた藤島メリー泰子さん(享年93)にも、不義理をしたままの別れになってしまいました」(テレビ局関係者)

 だが、実際には反省の日々を送るだけでなく、窮地を脱するために懸命になっていたという。

「実は長年住んでいた家を今年の8月に売却したそうです。近藤さんは1994年に結婚したのですが、この家は結婚の前年に、奥様のために建てたもの。3階建ての豪邸で、当時の価格で1億5000万円ともいわれました」(ベテラン芸能リポーター)

 位置するのは、私鉄沿線の駅を降り、昔ながらの商店街を通り抜けたところにある閑静な住宅街。古くから住んでいる住民が多く、近所づきあいが盛んな地域だ。

「当時、近藤さんの仕事のことを考えれば、もっと都心のマンションの方が便利だし、プライバシーの管理上も都合がよかった。でも、あえて昔ながらの住宅街に戸建てを構えたのは、奥様の強い要望とそこで落ち着いた家庭を築きたかったからでしょう。近年になって、より都心に近い超高級マンションに引っ越しましたが、奥様と息子さんとの思い出が詰まったこの家は手放すことなく、長い間親しい知人に貸していました」(前出・芸能リポーター)

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン