• TOP
  • ライフ
  • 美とグロとユーモアが交錯 まさに“平山夢明ワールド”全開の短編集

ライフ

2021.10.21 07:00  週刊ポスト

美とグロとユーモアが交錯 まさに“平山夢明ワールド”全開の短編集

大事なことほど物語に格納する

 人間がノックスを酷使し、その人間もまた農園主らに酷使される中、B・ドクは父の言葉を胸に刻む一方、森を散歩中、沼に呑まれた子ノックスを救出し、以来、その〈音〉が聞こえるようになるのだ。〈紛れもない彼らのサウンドだった〉〈やっぱり唄だったんだ……〉

 そして彼らの能力に驚き、その時助けた〈アノア〉や父親の〈モル〉と信頼関係を築いた彼は、ノックス=〈凶暴で知恵も何もない〉と決めつける農園主たちに疑問を抱き、O・ドク共々、その一方的な搾取の構造に闘いを挑むのだが──。

「今時は読書も早漏感覚というか、5分でイケますとか10分で泣けますとか、おみくじみたいな小説ばっかりじゃない? ただでさえ世の中どんどん生きづらくなってるのに、困るよねえ。

 もちろんシステムを劇的に変えるのは難しい。でも今の流れは間違ってるってことを提示し、かつ安全に届けるには、小説が一番なんですよ。実は今みたいにみんなが閉塞感を抱えてる時に、一番怖いのは簡潔・簡単なことを言って近づいてくるヤツで、もし反対に難しいことを長々と丁寧に話す政治家がいたら、俺は断然そっちを信用するな。

 そして口先だけの連中に流されないためにも、俺ら物書きが本当にダメなものとダメじゃないものの別を明示し、特に若い世代には丁寧に教えないとダメだと思うんです。仮にその球が外れても小説に書くだけなら被害も少ないし、他国と融合せずにきた分、先鋭化しがちな自分たちの歪みを、日本人は俺も含めてわかんない部分があるじゃない。それでも今までは内需で食えたけど、今後はそうもいかないからさ。外に出られる頭とボディとハートを持った人間を育てていくのも、小説の役割かなって」

 それもこれも小説が感情と思想を伝えうる媒体だからこそだと言う。

「しかも人っていいものと悪いものを提示されたら、基本はいいものに反応するようにできてるんです。ただし『♪命は大事』 とか『♪平等~』とか、耳障りのいいお題目を幾ら歌ってもダメで、大事なことほど物語の中に格納しないと。

 例えばドクたちの状況を米南部のプランテーション時代に重ねる世代もいれば、こういうの嫌だなあ、支配構造と闘うドクたちの方が断然カッコいいなあって、歴史も技能実習制度も関係なく直観する世代もいると思う。そして少しでもいい方向に針が傾けば、あとは小説が持つ教育機能が働いて、よし、俺らもってことになるかもしれないし」

関連記事

トピックス