国内

ステージIVのママも生前「早期発見には動くこと」 女性の大腸がんとは?

ステージIVの大腸がんを患いながら、23才で娘を出産した(2020年7月。写真提供/遠藤和さん)

ステージIVの大腸がんを患いながら、23才で娘を出産した(2020年7月)

 21才で大腸がんステージIVを宣告された遠藤和(のどか)さん(享年24)。彼女は生前「早期発見のために動くことが大事」と発信していた。女性にとって全がんの中で最も死亡者が多い大腸がんを、少しでも遠ざけるために知っておくべきこと──。

 2021年9月、約3年間の大腸がんとの闘病の末、旅立った遠藤和さん。彼女が娘のために遺した日記をまとめた書籍『ママがもうこの世界にいなくても』が12月1日に上梓された。

《私は最初、誰にも言わなかった。ただときどき、お腹が痛かっただけだし、ずっと続くわけでもなく、しばらく我慢すれば痛みは治まったから。でも、1年も続けば、何かおかしいと思う。》(以下、《 》内は同書からの引用)

 和さんは18才頃から、たびたび激しい腹痛に襲われていた。

《いつも、みぞおちの左側のところ。前ぶれなく、いきなりガツンと強い痛み。時間が経つと、徐々に治まっていく。》

 ところが、病院での診断結果は、いずれもはっきりとしたものではなかった。

《つらそうな私の様子を見て、母は胃腸科を提案してくれた。先生に診てもらった。整腸剤が処方された。しばらく我慢した。状態は変わらなかった。アレルギーに詳しい先生にも診てもらった。どこも悪くないし、アレルギーもないと言われた。私はまた、しばらく我慢しようと思った。

「もし今度、痛くなったら、一緒に婦人科へ行こうね」

 母からそう言われた矢先、ものすごい激痛に襲われて病院に運ばれた。緊急手術を受けて、採取した組織は病理検査に回す、と説明された。》

 和さんがステージIVの大腸がんだと診断されたのは、21才のとき。最初に違和感を覚えたときから3年が経っていた。和さんが闘った大腸がんは、一体どんな病気なのか。

日常茶飯事だから見逃しやすい

 最新の国立がん研究センターのデータによると、女性の大腸がんの年間罹患数は、乳がんに続く第2位で、6万5840人。死亡数では1位で、2万4004人だった。また、同センターの最新予測によれば、2021年に大腸がんで命を落とす人は2.5万人を超えるとされ、第2位の肺がんとは3000人以上も差がある。

 もともと腸が弱く、便秘や腸炎を起こしやすい人は高リスクとされる。潰瘍性大腸炎を抱える人も該当する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン