国際情報

禁錮26年のハーバード大教授は「中国叩き」の生贄だったのか

トランプ前大統領の「中国バッシング」がここにきて炸裂(AFP=時事)

トランプ前大統領の「中国バッシング」がここにきて炸裂(AFP=時事)

 中国は2000年頃からリーバー教授に目を付け、まず中国科学院が同教授を「外籍院士」(外国人名誉会員、ノーベル賞受賞者など100人強)に任命、これを受けて武漢理工大学が法外な報酬と待遇を与えて抱え込んだ。同大学からの要請は、年に9か月程度は中国に滞在して、若い研究者を育成、同大学名義で論文を発表、特許を申請することだったという。もちろんその裏には「リーバーを通じて米国の科学技術や国家機密を盗み出す意図があった」(米司法当局)と考えるのが妥当だろう。

 しかし、中国の甘い罠にかかったアメリカの科学者は他にもいた。例えば、マサチューセッツ工科大学(MIT)の中国系のガン・チェン教授も中国との秘密の関係をめぐって虚偽証言したという同じような容疑で逮捕・起訴されたが、MITは弁護士費用を全額負担し、同教授は証拠不十分で事なきを得た。今回、ハーバードはリーバー教授に有給休暇を与えただけで一切支援せず、ハーバード大学化学・化学生物学部のスチュアート・シュライバー教授ら7大学41人の研究者が司法省に対し、「学問の自由と国際交流を妨害する不公正な措置で許しがたい」と共同書簡を送ったものの不発に終わっている。背景には、全米で吹き荒れる反中世論があることは明らかで、中国系研究者に頼るハーバードはさっさとトカゲのしっぽ切りをしたのだろう。その点でリーバー教授に対して同情論もあるわけだ。

 娘がリーバー教授の教え子だという元北京駐在外交官は複雑な思いをこう語っている。

「リーバー教授がやったことは確かにまずいが、罪状を見ても、国家機密を中国に漏らすようなことはしていない。外国から得た支援を報告しなかった程度で禁錮26年とは前代未聞だ。1950年代の赤狩り旋風(マッカーシズム)を彷彿させる。トランプ政権が打ち出した対中知的財産窃取対策『チャイナ・イニシアティブ』の象徴として同教授が標的にされたことは間違いない」

支持率凋落のバイデン大統領は「リベラルの庇護者」にもなれず(CNP/時事通信フォト)

支持率凋落のバイデン大統領は「リベラルの庇護者」にもなれず(CNP/時事通信フォト)

 しかし、圧倒的世論を前に、ニューヨーク・タイムズをはじめとするリベラル系メディアですらリーバー教授の肩を持たない。いわば国策捜査の生贄となった同教授は、上告しても無罪を勝ち取るのは難しいだろう。あとは、リベラルに甘いバイデン大統領の恩赦にすがるくらいしかないが、そんなことをすればバイデン政権が保守派から総攻撃を受ける。人類の命を救うナノテクノロジーの先駆者の晩年はあまりにも哀れだ。

■高濱賛(在米ジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト