芸能

ステージIVのママの闘病記を読んだ眞鍋かをり「しあわせの基準は人それぞれ」

眞鍋かをり

遠藤和さんの闘病中の日記を読んで、「『しあわせ』とは何なのか考えさせられた」と話す眞鍋かをりさん

 21才で大腸がんステージIVの宣告を受け、22才で結婚、23才で娘を出産。2021年9月、闘病の末に24才で亡くなった遠藤和(のどか)さんが1才の娘のために綴った闘病中の日記をまとめた『ママがもうこの世界にいなくても』が話題を呼んでいる。タレントの眞鍋かをりさんは「『しあわせ』とは何なのか考えさせられた」と話す。

 * * *
 読後は、不思議な感覚に包まれました。読む前は「重くて感動的な闘病記」を想像していたのですが、そうではなかった。

 なんでだろう……。和さんの人柄が、逆境にあっても、驚くほどに明るくて前向きであること。そして、日記形式で、闘病が等身大で淡々と書かれていることが、本の読後感に強く影響しているように感じています。
 
「しあわせの基準は人それぞれ」という、当たり前だけれど、実は私も含めて多くの人が普段の生活のなかで忘れがちなことを、和さんは教えてくれました。和さんは、ステージIVの大腸がんとわかってもなお、「出産して母になる」という決断をしました。そのことについて、いろいろな意見をもつ人がいたようです。子供を産むことは、体に負担をかけないわけはありませんし、闘病に影響があるかもしれません。また、和さんが亡くなったら、娘さんは母親のいない子になり、お父さんはシングルで子供を育てることになります。

 考えるだけでも、くじけそうになるぐらい大変なことです。彼女と同じ立場だったら、私は産まないかもしれません。でも、和さんの思いや決断を読ませてもらい、それが「当たり前の感覚」ではないことが胸にささりました。人はそれぞれおかれた状況も違えば、しあわせの基準も違う。私のものさしで和さんとご家族のしあわせを測ってはいけないと感じました。彼女たちにとっては、それがしあわせだったのであり、そう信じたからこそ、奇跡のような出産が起こりえたし、家族3人の日々も実現できたのです。

「子供がかわいそう」と言う人もいるようです。私もひとりの親として、そういう考えを理解できる部分もあります。だけど、少なくともいま、和さんを失ってものすごくつらいなかで、娘さんの存在は、遺された家族にとってもしあわせの源になっているのではないでしょうか。最近、よく「炎上」という言葉が話題に上がりがちです。批判的な意見をSNSやコメント欄に書き込む人が増えたからだと思うのですが、そういう人たちは”自分のものさし”が正しいのだと、微塵も疑うことなく否定や批判をしてしまっていないでしょうか。私たちにはそれぞれ、他人には推し量ることのできない事情や、その人にしかわからないしあわせの基準があります。和さんは命をかけて、「自分のしあわせ」と「遺される人たちのしあわせ」を、全力で信じたのだと思います。

 私も和さんと同じく、娘をもつ母親です。母親になる前は「あの時こうしていれば良かった、ああしておけばよかった」と後悔することも多かったのですが、娘が産まれて、自分の生き方を全肯定できるようになりました。あの時、ひとつでも別の選択をしていたらこの子は産まれていなかったかもしれない、そう考えたら、人生の選択はすべて正解だったと思えたんです。そのくらい子供という存在は大きい。和さんもきっと、娘さんを授かって、自分の選択は正しかったんだと確信できたんじゃないかな。

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト