国内

天皇家と秋篠宮家に横たわる、収入、警備、医師の数など歴然たる格差  

秋篠宮さま以来、41年ぶりの男性皇族の誕生だった(2006年9月、東京・港区)

41年ぶりに生まれた男性皇族である悠仁さまがおられる秋篠宮家は、天皇家とはさまざまな差ががあるという(2006年9月、東京・港区)

 3月17日、皇居・御所にて天皇家の長女・愛子さまが、初めての記者会見に臨まれた。「二十歳という節目を無事に迎えることができましたことを嬉しく思っております」と、自信に満ちた表情で語られた──。愛子さまが誕生されたのは2001年12月。約19万人が沿道に詰めかけた皇太子さま(当時)と雅子さまのご成婚祝賀パレードから9年目に訪れた吉報だった。日本中が祝賀ムードに包まれ、東京・目黒にある雅子さまのご実家である小和田家にはお祝いの花束がひっきりなしに届けられた。

 その2年前に稽留流産を経験された雅子さまの喜びはひとしおで、会見では「生まれてきてくれてありがとう」と涙ぐまれた。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が振り返る。

「生まれたばかりの愛子さまを抱っこされた雅子さまを、宮内庁病院の正面玄関で記者会の一員としてお出迎えしました。幸せに包まれた雅子さまの表情は、昨日のことのように思い出されます」

 愛子さまの誕生は、皇室にとっても国民にとっても慶事だったことは間違いない。一方で、皇室の長年の懸案事項は未解決のままだった。お世継ぎ問題だ。

 当時、皇室には秋篠宮さま以来男子が生まれておらず、約2600年続くとされる万世一系が崩れるとの緊張感が漂った。2003年には宮内庁の湯浅利夫長官(当時)が「秋篠宮家に第3子を強く希望したい」と発言して物議を醸した。

 そうしたムードを一変させたのが、2006年9月6日の秋篠宮家の長男・悠仁さまご誕生だった。皇室にとって41年ぶりの男子誕生であり、秋篠宮家の長女・眞子さんと次女・佳子さまと10才以上年の離れた弟君は、皇室に前例のない帝王切開で誕生された。かねて第3子を切望されていた秋篠宮ご夫妻のお気持ちが結実した瞬間だった。悠仁さまがお生まれになった日、当時天皇だった上皇陛下は、宮内庁の幹部職員一人ひとりに「いろいろ苦労をかけました。ありがとう」と電話で感謝の言葉を伝えられたという。

 愛子さまと悠仁さま、誕生の際にはどちらも日本中が幸せに包まれた。しかし、「天皇家の長女」である愛子さまと「宮家の長男」であった悠仁さまは、生まれてからの扱いに厳然たる格差があった。

 そもそも天皇家(当時の両陛下と皇太子ご夫妻と愛子さま)の日常の費用や内廷諸費のために支出された「内廷費」が3億2400万円だったのに対し、秋篠宮家の品位保持のための「皇族費」は、悠仁さまの誕生後でも5490万円程度だった。もちろんお立場や担われるお務めには違いがあったが、同じ5人のためのお金に6倍もの差があったことになる。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン