国内

小室眞子さんがNYの美術館で活動開始 米の日本文化財研究者がサポートか

眞子さんのNYでの新たな動きをキャッチ

眞子さんのNYでの新たな動きをキャッチ

 ニューヨーカーの憩いの場・セントラルパークに、緑の芽吹きがまぶしい季節がやってきた。芝生に寝転がる人、コーヒーを片手に散歩する人、レンタサイクルで春風の中を走る人──皆思い思いに、ゆったりと流れる時間を楽しんでいる。広大な敷地の一角に、世界最大級、そして世界で最も有名な美術館がある。メトロポリタン美術館(MET)だ。そのMETで秋篠宮家の長女・眞子さんが活動を始めたという──。

 1870年に創立されたMETは、先史から現代にかけて5000年以上にわたる世界の文化遺産を包括的に所蔵している。その数はおよそ150万点に及ぶ。その人気ぶりは米国内にとどまらず、日本の国立新美術館(東京・港区)でも『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』が5月末まで開催されている。

 世界がたどった歴史を物語る文化遺産に囲まれて仕事ができるため、METは、博物館資料の収集や展示、調査研究を行う「学芸員」にとって世界最高峰の憧れの職場だ。高度な専門知識を求められるため収入も申し分なく、年収1500万円程度と、物価の高いニューヨークでも問題なく暮らせる額だ。

 そのMETから車で10分の距離に、眞子さんが暮らす高級アパートメントがある。将来の不安を払拭できないなか、眞子さんはMETで活動を始めた。

 眞子さんと小室圭さんの結婚・渡米から約半年が過ぎた。仲むつまじく朝の散歩デートを楽しんだ日もあれば、眞子さんがスマホを見ながらひとりで生活必需品の買い出しに出かけた日もあった。昨年12月には、手土産を持った眞子さんが、マンハッタンにある高級マンションを訪れる様子が、イギリスの大衆紙『デイリーメール』で報じられた。

「ケネディ元大統領の娘で、元駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏のもとを訪れたのかもしれないと伝えられました」(皇室記者)

 眞子さんは日本で皇族として暮らすことに抵抗を感じ、結婚して海を渡る決断をした。それだけに、渡米後、海外メディアにまで注目される生活は想定外だったかもしれない。

「嫌気がさしたのか、最近では、現地の日本人コミュニティーとのつきあいも必要最小限にとどめ、眞子さんはいわば“消息不明”の状態でした」(前出・皇室記者)

 結婚と時を同じくして公表された「複雑性PTSD」の症状も心配された。

「昨年10月の結婚会見の時点では、質疑応答が難しいほど、症状は深刻だったといいます。結局、会見は手元の文書を読み上げるだけという前代未聞の形式になりました」(宮内庁関係者)

 秋篠宮さまがおっしゃるところの「皇室としては類例を見ない結婚」を遂げ、遠くアメリカの地での生活を選んだ眞子さんは、病気療養もあり、しばらくは静かで穏やかな生活を送ると目されていた。だが実際は、ニューヨーク生活を盤石なものにするための準備を進めていたようだ。

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン