ビジネス

ANA芝田浩二新社長が宣言「需要の増減に対応し、黒字化を目指せる」

──将来的な日本の空の競争環境はどう考えるか。

芝田:お客様の立場からすれば当然、選択肢があったほうがいいわけで、大手2社が併存していくべきだと思います。韓国のような再編事例もありますが、アメリカもヨーロッパも大手エアラインは3社ありますし、日本の空も2社を許容できる余力は十分にあるんじゃないでしょうか。

 少なくとも現在の環境下では、我々とJALさんとで切磋琢磨し、お客様に利便性を提供していきたいというのが私の思いです。特に国際線を考えますと、1社体制で世界中にネットワークを展開することは難しい。現在は海外エアラインとのアライアンスの勝負にもなっているからです。

 目下グローバルな航空アライアンスは、当社が所属するスターアライアンス、JALさんが加盟するワンワールド、それにスカイチームの3つがあります。仮に日本の航空会社が1社体制になった場合、少なくとも短期的にはアライアンスの強みが活かせません。

 今年で創業70周年。ヘリコプター2機の小さな会社でスタートしたANAグループの中には、逆境下でも知恵を絞り、創意工夫して単独で解決策を見出していくDNAや精神が、まだまだ脈々と生きていると思っています。皆様にとってなくてはならないエアライングループという存在になれるように頑張ってまいります。

聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン