国内

雅子さま 来日するバイデン大統領と接見ならウクライナ侵攻が話題に上る可能性も

雅子さまはどうお考えか(写真/JMPA)

ロシアとアメリカ、両国に居住経験がある雅子さま(2019年9月、茨城県ひたちなか市、写真/JMPA)

 皇后というお立場は、時に「国母」と表現されることがある。日本という国の母であり、日本国民の母であることを意味している。皇后となられてから3年──雅子さまは、日本のみにとどまらない“世界平和の母”としての重要な責務を担われようとしている。

「令和」の時代が幕を開けてから、丸3年が過ぎた。昭和から平成にかけての改元と異なり、服喪を伴わない新時代の到来は、日本中を慶祝ムードに包んだ。しかし、2019年秋に天皇陛下の即位にまつわるさまざまな儀式が行われてから数か月後には、世界は新型コロナウイルスとの終わりの見えない長い闘いのトンネルに入ってしまう。令和皇室は、大半がコロナ禍の影響下にあり、耐え忍ぶ時間が続いている。

「公務の絶対数は減り、オンラインで行われることも増えました。雅子さまは公務が減ったことにより、体調を整えにくくなられた面もあったそうです。それでもこの4月には、13日、18日、23日と短い間隔で複数の公務を担われました」(宮内庁関係者)

 そんな雅子さまが、皇后として大きな山場を迎えられようとしている。5月22日から、アメリカのバイデン大統領が大統領就任後、初訪日する。

「岸田文雄首相との会談や日米豪印4か国の首脳会合のほか、天皇陛下との接見も設定されるでしょう。コロナ禍もあり、バイデン氏はファーストレディーであるジル夫人を伴わずに来日するとみられています。一方、バイデン氏への歓待の意味を込め、両陛下でお迎えすることは考えられます。実際、2009年と2014年にオバマ大統領が単独で来日したときには、当時の天皇皇后両陛下(上皇ご夫妻)が揃っておもてなしをされました」(皇室記者)

アメリカ・旧ソ連両国を知る数少ない存在

 現在、世界は騒乱の中にある。ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから間もなく3か月が経過する。

「天皇陛下の即位にまつわる儀式で、雅子さまはウクライナのゼレンスキー大統領夫妻とお会いしている。現在、報道を注視され心を痛められているそうです」(前出・皇室記者)

 2019年10月22日、即位礼正殿の儀の折、ゼレンスキー氏は皇居・宮殿に足を踏み入れた。タキシードに白い蝶ネクタイ姿で、微笑んではいるが緊張の色が見て取れる。隣には、ウクライナ国旗の色を思わせる薄いブルーのスリットドレスを身にまとったオレナ夫人の姿があった。

 ゼレンスキー氏は差し出された陛下の右手をがっしりと握り、笑顔で祝意を伝える。その後、ゼレンスキー氏は雅子さまとも握手。雅子さまは、ゼレンスキー氏とオレナ夫人にまっすぐ視線を送られながら、柔和な笑顔でお言葉を返されていた。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン