国内

全国ろうあ者大会「臨席されるのは秋篠宮ご夫妻のみの予定」佳子さま不在の波紋

手話でのスピーチのご経験もある佳子さまが、大会は不在となる

手話でのスピーチのご経験もある佳子さま(写真は2020年1月、東京・千代田区。時事通信フォト)

 天皇や皇族が、一般国民と触れ合う機会は「公務」の場であることがほとんどだ。式典に臨席されたり、民間団体の活動を視察されたりすることで、その活動自体を世間に広く知ってもらう役割を担われている。

 そうした公務には、それぞれのご興味や関心によってある程度の“ジャンル分け”がなされている。たとえば天皇陛下は「水」や「山」にまつわること、皇后雅子さまは「動物」に関することなどだ。東京五輪招致の決定打になった、IOC総会での高円宮妃久子さまのスピーチも、さまざまなスポーツへ造詣や愛情が深かった故・高円宮さまの姿勢を受け継がれてのものだろう。それだけに、6月11?12日に広島県で開催される「全国ろうあ者大会」をめぐっては、宮内庁関係者から戸惑いの声があがるのも無理はなかった。

「佳子さまは、臨席されないのか──」

 5月27日、全国ろうあ者大会に、秋篠宮ご夫妻が臨席されることが発表された。

「6月11、12日の2日間、ご夫妻は広島県を訪問されます。滞在中には、平和記念公園で原爆慰霊碑への献花なども予定されています。ろうあ者大会へのご夫妻の臨席は、70回目の節目ということが理由の1つのようです。ご夫妻は5年前、65回大会にも臨席されています」(皇室記者)

 紀子さまは大学生の頃から手話を学ばれ、過去に何度となく公務の場で聴覚に障害のある人と交流されてきた。

「ご両親とご一緒に、佳子さまも臨席されると目されていました。佳子さまも紀子さまの影響で手話を学ばれ、公務の折、手話でスピーチされたこともありますから」(前出・皇室記者)

 それだけではない。佳子さまは昨年5月から、大会を主催する全日本ろうあ連盟に、非常勤嘱託職員として勤務されている。したがって、当然佳子さまもお出ましになるとみられていた。ところが蓋を開けてみれば、臨席されるのはご両親のみの予定だった。

過去には「父子ふたり公務」も

 天皇や皇族と公務の関係を、皇室ジャーナリストが解説する。

「宮内庁が窓口となり、各省庁や団体からのお出ましの希望を受け付けます。ただ、リクエストは天皇皇后両陛下に集中する傾向がある。そのため、公務の内容に応じて、宮内庁がどなたにお願いするかを調整するようです。特に、皇室全体が“高年齢化”している最近は、佳子さまは、若い人が多くかかわる公務へのお出ましが多くなっていたように感じられます」

 秋篠宮さまは2004年の誕生日会見で「公務というものはかなり受け身的なものではないか」と述べられた。佳子さまも、2019年3月に大学を卒業された際、「私が何をやりたいかではなく、依頼を頂いた仕事に、一つ一つ丁寧に取り組むというのが基本的な考え方」と表明された。前出の皇室ジャーナリストが続ける。

「たしかに、天皇や皇族は公務に対しては“受け身”です。また、天皇や皇族がご自身の意思で、公務を“お断り”することはありません。しかし、宮内庁が天皇や皇族のお気持ちをくみ取ることはありえます。佳子さまが、職員として勤められているにもかかわらず、ろうあ連盟が主催する大会にお出ましにならない理由には、父母との地方での宿泊公務に前向きになれない佳子さまの心情を、宮内庁側が慮ったとも考えられるのです」

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン