国内

佳子さま「活発な活動」とは言い難い状況 眞子さんの心許ない結婚生活も影響か

秋篠宮ご夫妻との会話は少ないという(写真は2020年1月、東京・千代田区。時事通信フォト)

佳子さまのご活動はあまり活発とはいえない(写真は2020年1月、東京・千代田区。時事通信フォト)

“将来の天皇家”秋篠宮家が結束し国民の信頼を得ることは、いまの令和皇室には最重要課題。そのカギを握るのは次女の佳子さまだが、公務で活躍される機会は少なく、秋篠宮ご夫妻との距離も広がっているようで──。

 6月11~12日に広島県で開催される「全国ろうあ者大会」をめぐって、宮内庁関係者から戸惑いの声があがっているという。「佳子さまは、臨席されないのか──」。佳子さまは昨年5月から、大会を主催する全日本ろうあ連盟に、非常勤嘱託職員として勤務されている。したがって、当然佳子さまもお出ましになるとみられていた。ところが蓋を開けてみれば、臨席されるのはご両親のみの予定だった。

 佳子さまが全日本ろうあ連盟で働くようになった背景には、紀子さまの影響がある。

「紀子さまは大学2年生の頃からサークルで手話を学ばれていました。日本語の手話だけでなく、英語やインドネシア語の手話も身につけられています。『全国高校生の手話によるスピーチコンテスト』での挨拶など、さまざまな場面で注目を浴びてきました」(皇室記者)

 眞子さんと佳子さまも幼い頃から手話を学ばれた。2015年5月、佳子さまは紀子さまとともに、聴覚に障害のある俳優が、視聴覚に障害のある役を演じて話題になった映画をご覧になった。

「佳子さまは時折涙ぐみながら映画をご覧になり、手話というコミュニケーション手段に心を動かされたご様子でした」(前出・皇室記者)

 佳子さまは、同年9月に「第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」で、初めて人前で手話を披露された。

「紀子さまと眞子さんにアドバイスをもらいながら、入念に準備をして臨まれたそうです。ダンス経験者の佳子さまの手話はメリハリや優雅さがあると評判でした」(前出・皇室記者)

 2021年10月には、結婚を間近に控えた眞子さんも一緒に、聴覚障害のある女性の成長を描いた映画を母娘3人で鑑賞された。手話は、お三方を結ぶものでもあったのだろう。

自ら希望された就職だった

 手話に相当な親しみを感じられていたはずの佳子さまなので、今回の全国ろうあ者大会に臨席されないことに、少なからぬ関係者が首をひねったという。

「秋篠宮家の最側近の皇嗣職大夫が担当記者から、佳子さまの不在について質問を受けたそうなのですが、“出席するのはご夫妻”という返答に留められ、詳細は語られなかったといいます。臨席はないとしても、職員である佳子さまが、裏方として大会にかかわられるのであれば、それを公にしてもいいと思うのですが……」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン