芸能

深田恭子、激ヤセからメリハリ美ボディが復活 破局危機乗り越え本格女優復帰へ

今年はスケボーに挑戦したい、とも

今年はスケボーに挑戦したい、とも

 7月上旬、東京の繁華街に、白×ブルーのボーダーワンピースを着た美女の姿があった。厚底サンダルと右手にさげたエルメスのミニバッグは白で統一されており、夏らしい爽やかな装いだ。サラサラのロングヘアをふわりと揺らし、ノースリーブから引き締まった両腕をのぞかせていたのは、深田恭子(39才)だった。

 最近の彼女は、メディアでも“美ボディー”を披露することが続いている。5月下旬から放映されている「キリン 午後の紅茶」のCMではタンクトップ姿でトレーニングをしているほか、6月16日から全国放映されている「横浜ゴム」のCMでも、白いワンピースから程よく引き締まったふくらはぎを披露している。アラフォーとは思えない美貌をつくっているものの1つが、30代に入ってから始めたサーフィンだ。

「サーフィンで体幹が鍛えられたそうです。波に揉まれながら必死に泳いでいると素の自分になれるそうで、『前世はイルカだったのかも』と笑っていました」(芸能関係者)

 人気トレーナー・樫木裕実氏のパーソナルトレーニングも体づくりに欠かせない。

「樫木さんは寺島しのぶさんや仲間由紀恵さんをはじめ、数多くの芸能人を担当するカリスマトレーナーです。深田さんは彼女に、次の仕事の内容を伝え、役を演じるために必要な体をつくるメニューを考えてもらうのだとか」(ファッション誌編集者)

 深田は激ヤセが心配された時期もあった。2021年5月に適応障害による活動休止を発表。その後、9月2日に青いドレス姿で活動再開を報告したが、顔まわりや体全体が以前よりもほっそりとし、多くのファンが体調を心配したのだ。さらに、復帰後のテレビ出演でも、全快とは言いがたい姿を見せた。

「昨年10月に放送された『2021 FNS歌謡祭 秋』(フジテレビ系)に出演した際、頬がこけてずいぶんほっそりした印象でした。健康的な美しさが深田さんのトレードマークだっただけに、あのやせ細った姿は衝撃的で……。しゃべり方も、ろれつが回っていないようで、『復帰して大丈夫なのか?』と心配する関係者も多かった」(テレビ局関係者)

 激ヤセの裏には、彼女が人知れず抱えていた悩みがあったという。

「恭子ちゃんは本当に真面目な性格で、“ザ・仕事人間”なんです。忙しすぎて心身のバランスを崩し休養したのですが、休養して仕事がない状態がかえって彼女を追いつめたようです。食欲がない日が続き、体形が変わったと誰の目にもわかるほどやせてしまいました」(深田の知人)

 休養中には、仕事とは別の悩みも加わった。交際開始から約3年半になる不動産会社「シーラホールディングス」会長の杉本宏之氏(45才)との関係についてだ。

「恭子ちゃんが適応障害で倒れてから、杉本さんは身の回りの世話をするなど、献身的に彼女を支えていました。でも、彼の仕事が急に忙しくなり、一緒に過ごせる時間が減ってしまった。それも、彼女の不安につながったのでしょう」(前出・深田の知人)

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン