芸能

【5時間独占告白】TKO木本武宏、奈落への一歩は「FXトレーダー突然の失踪」、実は運用もせずデモ画面を見せていた【全4回の2回】

投資にハマっていたときの自分について“うつつを抜かしていた”と表現した木本

“うつつを抜かしていた”と自身の投資を振り返る木本

「預けた100万円がどうなっているか、たまに見に行くと『これだけ上がってます』と。彼が扱ってたのは、確か『ユーロ/ドル』だったか……情けない話、それすらもよく分かってなかったんですね。まだちょっとずつ増えている感じだったので、利益はとりあえず置いておいてという感じで任せっきりでした。

 その矢先に、A氏が色んな人のトレードをやりたいと言い出したので、日ごろから情報交換している投資好きの仲間に『こんな奴がいて、すごいねん』と話したんです。みんなが『やる!』って盛り上がって、とりあえず今財布に入ってる金を預けようと。後日、皆と集まるところにA氏に来てもらって、人となりも見てもらった上で信用してもらってから、本格的にやるということになりました」

 A氏の見た目は「普通の若者」。しかし、専門用語を駆使する話術に説得力もあり、投資の知識のない芸能人たちは彼の話に引き込まれていった。

「たとえが良くないかもしれませんが、アニメ『デスノート』の夜神月みたいな雰囲気だったんです。僕らみたいなFXを知らない人間からしたら、天才ですよね。相場を見ながら『木本さん、どのタイミングで行くか言ってください』と言われて、やってみると『ここは違います。ここです』と言って、A氏がやると利益がバーンと出るんですよ。

 お金のやり取りですが、皆が直接、彼にお金を渡すのが大半。現金を振り込む人もいれば、仮想通貨で払う人もいました。それぞれ、都合のいいやり方でお金を預けたんです。よく分からないけどやってみたいから『木本さんにお金を預けていいですか?』と言う人も1人いました。

 ポンと200万円出す人もいれば、もっと大きい額の人もいて、全員のトータルで1億円以上です。その頃になると、僕もわざわざA氏のトレードの現場を見にいくこともなくなって、電話で報告を受けるぐらいになっていました」

 A氏から、どれぐらい利益を出すという話は出ず、当然、元本も保証されていなかった。

「それは覚悟の上ですよね。でも、コイツなら大丈夫だろうと思ってしまったんです。電話で、利益が10%から15%、すごい時には20%出ましたとかって報告が来るんですよ。それを聞けば『すごいな!』ってなるじゃないですか。利益の半分をA氏が取ることになっていて中には毎月受け取る人もいました。でも、僕を含めた何人かは仮想通貨やドルで受け取れると聞いてもよくわからないので、ある程度貯まってから考えようと。

 ダメですよね。後回しにすると、危くなった時の兆候がわからない。結果的に大変なことになってしまうんです」

 異変が生じはじめたのは2020年の夏ごろのことだった。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン