国内

小室眞子さん 「脅迫被害」を警察に訴えた小室佳代さんをNYに呼ぶ意思固めたか

小室さんの母がNYへ行くことになるのか

小室さんの母がNYへ行くことになるのか

 宮内庁に20本以上の包丁が届くという事件が起きた頃、眞子さんの「義母」にも重大な異変が起きていた。身の危険を感じ、警察を巻き込んだ緊迫した騒動に発展すると、それは遠くニューヨークにいる息子夫婦をも動かして──。

 小室圭さんは余裕の笑みを浮かべていた。7月26日から2日間にわたって、ニューヨーク州司法試験が行われた。昨年の7月と今年の2月の試験はあえなく不合格だった小室さんにとっては、3度目の挑戦だった。

 服装は、通勤時のようなスーツ姿ではなく、「アメカジファッション」。ラルフローレンのチェックの長袖シャツは第2ボタンまで外され、逞しい胸毛がのぞく。モスグリーンの短パンに黒いスニーカーを合わせた装いは、すっかりおなじみになったちょんまげスタイルと相まって、まるで西海岸の若者である。

「小室さんのように何度も受験している人の合格率はわずか18%ほど。5人に1人が合格するかどうかで、非常に厳しいとみていいでしょう。ただ、小室さんは手応えを感じさせる表情で会場を後にしました。2日間まったく同じ服装だったことに驚かされましたが、“験担ぎ”だったのかもしれませんね」(在米ジャーナリスト)

 小室さんを支える秋篠宮家の長女・眞子さんは、さぞ危機感を抱いているだろうと思いきや、ニューヨーク生活を満喫しているようだ。

「現在、ニューヨークでは1970年代のオイルショック以来のインフレが進み、生活費の高騰を免れない状況にあります。ふたりの住むマンションの家賃も、大幅に値上げされているでしょう。ただ、元皇族の眞子さんにとって、インフレはさほど深刻な悩みではないようです。最近も、一流レストランで行われた、ニューヨークで暮らすセレブたちとの“夫人会”を楽しんでいたと聞きます」(前出・在米ジャーナリスト)

 夫婦の仲も良好だ。手をつないで街を歩くふたりの姿は頻繁に見かけられていて、「最近は妊活に励んでいるという話もある」(宮内庁関係者)という。綱渡りのようで、意外にも新婚生活を満喫するふたりだが、この夏前にある“事件”に見舞われていた。

「小室さんの母・佳代さんが、これまで経験のないほど深刻な身の危険を感じる事態に陥り、警察に駆け込む騒動があったというのです」(警察庁関係者)

身の危険を感じて家に閉じこもり

 現在、佳代さんは父親と2人で神奈川県内のマンションで暮らしているという。かつては都内の有名洋菓子店で働いていたが、2021年、労災をめぐって会社とトラブルが起き、欠勤が続いてついに退職。経営者の男性に尋ねると、「もう終わったことなので」と口をつぐんだ。

「佳代さんは、いまは働いていないでしょうね。以前はマンション前までタクシーを呼んで出勤していましたが、このところ、めっきり姿を見なくなりました。以前は少し離れた高級スーパーでもよく見かけましたが、最近は全然。外出の様子すらありません」(近隣住民)

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン