商業化が進むオリンピックの光と影

 かつてアマチュアの祭典だったオリンピックは、1984年のロサンゼルス五輪から商業化していった。1976年のモントリオール五輪が大赤字になって市の財政が破綻し、1980年のモスクワ五輪は西側諸国がボイコット。危機的な状況に陥ったため、IOC(国際オリンピック委員会)のサマランチ会長(当時)がテレビ放映権料と企業協賛金に目をつけて商業化へ舵を切り、2億ドルを超える黒字を出して大成功を収めた。

「ロス以降商業化が進んで、五輪招致を巡って買収疑惑が起こるなど、オリンピックと金は切っても切れない関係になりました。そんな事態を見ているので、高校野球はできる限りアマチュアリズムを貫きたいのかもしれません」

 高校野球が放映権料を取らないメリットもあるという。

「テレビ局から口出しされないですからね。オリンピックはテレビ局の都合でアメリカのゴールデンタイムに注目競技の決勝が行われることもある。時差のある開催国では早朝や深夜に近い時間帯に試合が開催されることもあり、選手のコンディションへの影響も懸念されています」

 テレビ局に競技が振り回されるのは、五輪に限った話ではない。バレーボールの「ラリーポイント制」はテレビの放送時間内に終わらせるために導入されたと言われている。以前はサーブ権を持つチームがラリーに勝って、初めて1点が記録された。しかし、試合時間が長くなり、テレビで全て放送できない。そのためサーブ権に関係なく、1プレーで1点入る「ラリーポイント制」が導入され、時間が短縮された。

「このルール変更は選手の体力を消耗させない利点があり、良いルール変更だったという意見もあります。ただ、いずれにしろテレビが競技のルールを変えてしまった。たとえば今は高校野球が9回制から7回制になるなんて考えられないかもしれませんが、いつかそんなことが起こってもおかしくない。アスリートファーストでルール変更されるならともかく、テレビという外圧で仕方なく変わるのは好ましいとは言えない」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン