国内

小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力

佳代さんの過去が思い起こされる

佳代さんの過去が思い起こされる

 恋と金銭問題に終わりはないのか。“金銭問題を解決したはず”だった小室圭さん(30才)の実母・小室佳代さん(56才)に、新たな金銭トラブルが報じられた。9 月15日発売の『週刊文春』によると、今年5月に20才以上年上の彫金師の元恋人A氏に対して、佳代さんが1600万円を要求して警察沙汰になっているという。

 問題は、背景からして複雑だ。

 そもそもの佳代さんとA氏の出会いは、約20年前にさかのぼる。圭さんの父・敏勝さんが2002年3月に38才の若さで他界。母子2人暮らしになって半年後には、周囲にもA氏との交際が分かるようになり、そのまま半同棲生活にも入ったが、圭さんの反対もあり、ほどなくしてA氏は小室家から退出。一度は関係を解消していたという。

 その後の佳代さんは、同じマンションに住んでいた約20才年上の別の男性X氏と交際、そして婚約。この男性こそが、圭さんの大学授業料などの名目で400万円以上を貸してもらい、2012年に婚約を解消したのちに返済を巡る金銭トラブルで、長らく世間を騒がせた相手だった。この問題が、圭さんと秋篠宮家の長女・眞子さん(30才)との結婚問題を長引かせた原因だったのは、周知の通りである。

 ようやく昨年11月。圭さんと眞子さんが結婚した直後に、圭さんとX氏が法律事務所で面会して解決金を支払うことで合意。圭さんと眞子さんは米国ニューヨークで新婚生活をスタートさせて、問題は解決したはずだった。ところが、その後に日本で一人で生活する佳代さんがA氏と“復縁”したことで、またもや金銭トラブルにまで発展したというのだ。

 春には左手薬指に指輪をはめるまで幸せそうだった佳代さんだが、この夏までに2人は再びの破局。すると、佳代さんが、20年前の最初の交際時からA氏のために使ったお金と慰謝料を含む合計1600万円を要求し始めた。困ったA氏が、地元の神奈川県警港北警察署に被害相談したことで、問題が明るみ出たというわけだ。

 それにしても50代も中盤に差し掛かり、しかも、ネガティブな印象で日本中に知られることとなったにもかかわらず、いまだに男性を惹きつける女子力があるというのは、ある意味、驚異的だ。5年前に圭さんの婚約報道がされてから、たびたび報じられてきた佳代さんの姿も、ボディーラインがくっきり浮き出るワンピースや、高級感満載の大きなサングラス、大判ストールを愛用するなど、おしゃれへのこだわりが強いことをうかがわせる。

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン