国内

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解

小室圭さんの母・佳代さんは?(時事通信フォト)

小室圭さんの母・佳代さんに新たな金銭トラブルが(時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30才)の義母である小室佳代さん(56才)の新たな金銭トラブルが取り沙汰されている。

『週刊文春』(2022年9月22日号)に『小室圭さん母が元恋人に「貢いだ金を返して」1600万円警察トラブル』と題した記事が掲載されたのだ。記事によると佳代さんは、2002年ごろに交際していた、20才ほど年上の彫金師のA氏と今年春頃までに復縁。しかし、再び破局し仲違いの末に「私がいままでに貢いだお金を返してほしい」と主張。過去、交際期間中にA氏のために使った生活費などに慰謝料を加えた1600万円を要求、恐怖を覚えたA氏が警察に相談する事態になっているという。

 佳代さんの金銭トラブルといえば、元婚約者のX氏とのケースがあった。X氏は、婚約期間中に、小室家の生活費や学費などの支援に充てた約400万円の返済を主張したが、小室家側は、「貸与ではなく贈与として認識している」とし、対立。話し合いは長く平行線をたどり、眞子さんと小室さんの結婚にも大きく影響した。

「Xさんと佳代さんサイドは互いに言い分を曲げることなく、結局『解決金』という名目で、X氏が小室家側から約400万円を受け取ることになり、眞子さんと小室さんの結婚後、渡米直前の2021年11月に国民の関心事とまでなった金銭トラブルが一応の解決となりました」(皇室記者)

 今回のA氏とのケースは、X氏とのトラブルとは立場が逆転。佳代さんが「支援に充てた金銭」の返済を主張していることになるが、岡野法律事務所九段下オフィスの伊倉秀知弁護士は「佳代さんの要求は通らないのではないか」と指摘する。

「一般の債務不履行による損害賠償請求の時効は10年、民事の慰謝料請求は3年で時効となります。佳代さんとAさんの交際時期は20年近く前だといいますから、いずれにしても時効が成立するため、Aさんに支払い義務は生じません。

 そもそも、Aさんに生活費を返済しなければならない理由があるのかも疑問です。例えば、『貸与』ならば、返済の期日があるでしょうから、守らなければ返済を要求されるのは当然です。また、『結婚前提の贈与』の場合には、結婚が成立しなければ前提が覆されますから、要求の理由になりえます。このような明確な“約束”がない限り、お金を返してもらう理由をつけるのは難しいでしょう」(伊倉弁護士)

 伊倉さんによれば、「貸与や、結婚を名目とした資金は比較的取り返しやすい」という。一方、取り返すのが困難なのは「結婚を前提としていない男女間での金銭」だという。

「プレゼントに充てた金額は、まず取り返せないと思ったほうがいい。家賃、光熱費、食費などの生活費も、結婚を前提としていなければ、交渉は難しいでしょう。また、『あなたにこれだけ時間を使った』という時間も時給換算して請求することはできません」(伊倉弁護士)

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン