国内

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解

小室圭さんの母・佳代さんは?(時事通信フォト)

小室圭さんの母・佳代さんに新たな金銭トラブルが(時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30才)の義母である小室佳代さん(56才)の新たな金銭トラブルが取り沙汰されている。

『週刊文春』(2022年9月22日号)に『小室圭さん母が元恋人に「貢いだ金を返して」1600万円警察トラブル』と題した記事が掲載されたのだ。記事によると佳代さんは、2002年ごろに交際していた、20才ほど年上の彫金師のA氏と今年春頃までに復縁。しかし、再び破局し仲違いの末に「私がいままでに貢いだお金を返してほしい」と主張。過去、交際期間中にA氏のために使った生活費などに慰謝料を加えた1600万円を要求、恐怖を覚えたA氏が警察に相談する事態になっているという。

 佳代さんの金銭トラブルといえば、元婚約者のX氏とのケースがあった。X氏は、婚約期間中に、小室家の生活費や学費などの支援に充てた約400万円の返済を主張したが、小室家側は、「貸与ではなく贈与として認識している」とし、対立。話し合いは長く平行線をたどり、眞子さんと小室さんの結婚にも大きく影響した。

「Xさんと佳代さんサイドは互いに言い分を曲げることなく、結局『解決金』という名目で、X氏が小室家側から約400万円を受け取ることになり、眞子さんと小室さんの結婚後、渡米直前の2021年11月に国民の関心事とまでなった金銭トラブルが一応の解決となりました」(皇室記者)

 今回のA氏とのケースは、X氏とのトラブルとは立場が逆転。佳代さんが「支援に充てた金銭」の返済を主張していることになるが、岡野法律事務所九段下オフィスの伊倉秀知弁護士は「佳代さんの要求は通らないのではないか」と指摘する。

「一般の債務不履行による損害賠償請求の時効は10年、民事の慰謝料請求は3年で時効となります。佳代さんとAさんの交際時期は20年近く前だといいますから、いずれにしても時効が成立するため、Aさんに支払い義務は生じません。

 そもそも、Aさんに生活費を返済しなければならない理由があるのかも疑問です。例えば、『貸与』ならば、返済の期日があるでしょうから、守らなければ返済を要求されるのは当然です。また、『結婚前提の贈与』の場合には、結婚が成立しなければ前提が覆されますから、要求の理由になりえます。このような明確な“約束”がない限り、お金を返してもらう理由をつけるのは難しいでしょう」(伊倉弁護士)

 伊倉さんによれば、「貸与や、結婚を名目とした資金は比較的取り返しやすい」という。一方、取り返すのが困難なのは「結婚を前提としていない男女間での金銭」だという。

「プレゼントに充てた金額は、まず取り返せないと思ったほうがいい。家賃、光熱費、食費などの生活費も、結婚を前提としていなければ、交渉は難しいでしょう。また、『あなたにこれだけ時間を使った』という時間も時給換算して請求することはできません」(伊倉弁護士)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン