芸能

原田美枝子&松田美由紀 自由に生きる2人「ソウルメイトが歩んだ40年」

原田美枝子

生前、松田優作さんと交流があった原田美枝子

 子供を個性あふれるクリエーターに育て上げ、カッコよく、美しく、自由に生きる2人の共通点とは……。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、原田美枝子さんと松田美由紀さんについて綴ります。

 * * *
 9月20日、オダギリジョーさん(46才)が脚本・演出・編集を手掛けるドラマ『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ シーズン2』(NHK)の初回(シーズン通して第4話)に、松田龍平サン(39才)、松田翔太サン(37才)兄弟がサプライズ登場。ネットがおおいに沸きました。

 同作はオダギリさん演じるぐうたらな警察犬と、池松壮亮サン(32才)演じる警察犬係の“ハンドラー”によるおかしなサスペンスドラマ。シーズン1からコアなファンに支えられ、シーズン2の放送が決まったときから私も開始を心待ちにしていました。加えて松田龍平サン、松田翔太サンという兄弟でもっとも成功していると言っても過言ではない二世俳優の競演が、“監督”オダギリさんの働きかけで実現したというのですから最高ですね。

 実は先日、『A-Studio+』(TBS系)のゲストに原田美枝子サン(63才)が出演した際、このご兄弟の幼少期の話を聞いたばかりでした。

 生前の松田優作さん(享年40)と交流があり、妹のようにかわいがってもらっていたという原田サン。お仕事のことで優作さんに愚痴を言ったり弱音を吐いたりすることもあったそうで、「そうか、じゃあもうウチに来るな! もう(役者を)やめろ」と厳しい言葉を返されたとも聞きました。

 そして優作さんの妻・松田美由紀サン(60才)とドラマ『北の国から』(フジテレビ系)で共演して以来、40年ずっと仲がよかったという原田サンは「美由紀が優作さんを亡くして寂しかったとき、『冒険に行こう』と言って、龍平、翔太、ゆう姫も一緒にキャンピングカーに乗ってアメリカを横断しました」と。

 その際の「お宝写真」も公開され、原田美枝子サン、松田美由紀サンという個性派女優さんお2人がソウルメイトであることがわかったのです。

 松田ファミリーの長女で歌手の松田ゆう姫サン(34才)にも“ニュース”がありましたよね。9月21日、「終電のバスで携帯を忘れた」ゆう姫サンは、同バスやほかの運転手さん、バスの事務所の皆さんに《ご迷惑をかけてしまったのに誰一人嫌な顔せずに親身に優しくしてくれて帰りに涙溢れた。皆に幸あれ!》とツイート。

 さらに《その中にはお父さんのファンの方が居て、最後に私に気付いたらしく》とツイートし、《生活の色んな場所にお父さんが居ると思ったら心がぎゅっとした》そうです。くしくも21日は、松田優作さんの誕生日でした。

 ゆう姫サンと美由紀サンといえば、“迷子札がいらない”(表現が古くてスミマセン)ほどのソックリ母娘。さらに25日には、美由紀サンの実姉・熊谷真実サン(62才)とともに、『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。デビューは美由紀サンの方が先だったんですね。そして、あの松田優作さんと恋に落ち、結婚し、3児をもうけ、子供たちをこんなにも個性あふれる表現者に育てた美由紀サンの強さと自由さが改めてクローズアップされているのです。

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン