将来の目標は「空き缶博物館」!?

石川さんは今もおちゃめ(写真/横田紋子)

石川さんは今もおちゃめ(写真/横田紋子)

──コロナ禍でライブ活動ができなくなった時は、どのような気持ちでしたか?

「やっぱりライブも減ったし、将来に何の保証もない。それでもライフワークとして音楽は続けたいって思っていましたよ。デビュー前は、バイトしながら音楽はライフワークとしてやっていけばいいと思っていましたけれど、還暦を迎えた今は別の仕事はやりたくないなあ(笑)」

──では売れていた時の収入で、何か大きい買い物はされましたか?

「たまのみんなは、豪邸に住みたいとか、凄くかっこいい車を買いたいというような人たちじゃなかった。だから忙しかった時期でも、何か特別な贅沢したとかそういう記憶もあまりないんです。

 メンバーで話し合って、売れているのはいつまでも続くわけじゃないけど、バンドは続けたいんだよねっていう話をして、お金を500万円ずつ出し合って、スタジオを作ったんです。メジャーと契約が切れてもそこで自分たちのレコーディングができたので、良いお金の使い方をしたと思いますね」

──石川さんにとって、たまの音楽はどんな音楽ですか?

「たまの音楽は、聞いている人の琴線に触れるようなものであればいいなと思っていたんです。でも聞く人によって全く違うんですよ。例えば同じ曲を演奏していても、ゲラゲラ笑っている人がいて、別の人が号泣していたりするんですよ。それって実はかけ離れたことじゃなくて、感情が高ぶるという意味では、笑うことも泣くこともすごい隣り合わせにあるんじゃないかなって思うんです。たまを聞いて心の琴線に引っかかれば、それが音楽として成功だって考えていましたね」

──石川さんにとって、たまという船はどんな船でしたか?

「やっぱり『イカ天』からデビューした時は、高い波に乗ったなって感じましたね。売れたことで今も生活ができているので、全体的にはもちろんラッキーだったんですけども。でも売れてからは、常にどこに行っても人から指をさされる。これはもう精神的に疲れましたね」

──これからの野望や夢はありますか。

「僕は空き缶収集が趣味なのですが、それで『空き缶博物館』を作りたいんです。今、家に3万種類ある。部屋にぎゅうぎゅうに押し込んでいるので、奥の方はびっしりで取れない(笑)。一本一本並べるためには、体育館みたいな広さがないとだめだから、誰か敷地が余っている人が経営をやってくれないかなって思っていますね。『しくじり先生』よりも、テレビでは空き缶のほうを取り上げて欲しいですね(笑)」

(了。前編から読む

(取材・文/池守りぜね)

関連キーワード

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン