(写真は東尾理子のブログより)

すみれや石田純一家族と食事した松原さん(写真は東尾理子のブログより)

弱気な言葉が増えていた

 他方で自殺未遂騒動の前後の時期、松原さんは複数の日本のテレビ番組に出演し、石田やすみれとも共演している。番組では自ら石田ファミリーに言及し、「不倫は文化」騒動をネタに出演者の笑いを誘ったこともあった。

 最後のテレビ出演は2019年のバラエティー番組だった。この番組では、ハワイの観光スポットを巡るロケで、快活な姿を見せた。また、ここ数年はすっかりハワイのコミュニティーにも馴染み、「チアキ」と発音しづらい現地の人から、“ジャッキー”と親しみを込めて呼ばれ、よく食事にも出かけていたという。だがテレビ画面や友人の前で見せる朗らかな笑顔は、彼女の一面にすぎなかった。

「松原さんは『チアキ・バウワー』の本名で投稿するSNSに愛犬やすみれさん、昔の自分の写真をよくアップしていました。母親として家を出た子供たちの生活を応援しているとはいえ、異国でのひとり暮らしはやはり寂しさもあったのでしょう。実はここ数年、『死にたい』と口にすることが多くなり、自殺未遂を繰り返していたといいます」(前出・松原さんの知人)

 松原さんが他人に見せない「本当の顔」を最もよく知るのはすみれだが、不幸なことに、3年に及ぶコロナ禍が、強い絆で結ばれた母娘を物理的に遠ざけた。

「すみれちゃんは松原さんの近くにいたかったけど、仕事やプライベートの忙しさに加えてコロナがあって、なかなか出国できなかった。昨年、妊娠中にもかかわらずハワイに会いにいったのも、松原さんのことが心配だったからでしょう。育児が落ち着いたらまたすぐにでもハワイに飛び立つつもりでしたが、その折に母の死を知らされ、言葉を失ったそうです」(前出・すみれの知人)

 ママを支えるという誓いを果たせなかったすみれは達也さんから事情を聞くなり崩れ落ち、激しく自分を責めたという。

 夕暮れどきになると、ハワイの麗しい夕陽が、再び松原さんのマンションを照らし始める。11月初旬、オレンジ色に染まった建物から、自転車で出かける青年の姿があった。それは松原さんの息子、達也さんだった。彼は、穏やかに彼女の最期を話し始めた。

「母はずっと病気をしていたんだ。入院していたこともあって、ずっと苦しんでいた。でもいまはもっと楽な場所に行ったんだと思う……。いまは、彼女が残した愛犬の世話と部屋の管理でバタバタしていて、ようやく落ち着いたところだよ。火葬も済ませたけれど、お墓はまだ決まっていない。ハワイではお墓を探すのも難しいからね」

 彼は最後に「せっかくだからハワイを楽しんでください」と言い残し、自転車のペダルに足をかけた。

 一方で、すみれは音信不通の状態が続いている。11月7日に石田の妻、東尾理子が自身のインスタグラムを更新し、長男・理汰郎くんの10才の誕生日を祝う様子を投稿したが、例年、石田の子供たちの誕生会には必ずと言っていいほど駆けつけるすみれの姿はそこになかった。

 松原さんは生きづらい日本を離れ、たどり着いた安寧の地で眠りについた。そのことだけが、残された者を慰めるのかもしれない。

※女性セブン2022年12月1日号

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト